横暴な税務調査を撃退、日本一過激なノウハウ集
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 「ああ・・・また税務署がやってくる」

法人でも個人でも、事業主にとって、
これほど憂鬱なことはありません。

「あんなもの、来なければいいのに」

誰もがそう思っています。

税務調査の間は、胃が痛くなる方も多いのではないでしょうか。

そして・・・・・

税務調査官という連中は、嫌らしく、しつこく、ネチネチしていて・・・

長年、他人の懐に無造作に手を突っ込むような、
卑しい仕事を続けているせいで
人間の性根までもが捻じ曲がったような人たちが多いのは
みなさんも十分にご承知のことと思います。

この「横暴な税務調査を撃退、かなり過激なノウハウ集」は
一般によくある「税務調査を上手に受ける○○」とか
「かしこい税務調査の受け方」といった、
通常のマニュアル本とは、まったく違うものです。


ましてや国税OBにも、現役の税理士にも
絶対に書けない類のノウハウ集です。

では、このノウハウ集を書いたのは・・・・

それは、実際に税務調査を何度も受け、
それに悩み、苦しみぬいてきた、
みなさんと同じ事業主の一人です。

その中のおひとりをご紹介しましょう。


こんにちは、榊淳司です。

私は今、住宅ジャーナリストとして雑誌などに原稿を執筆しています。

年収200万円からのマイホーム戦略
先日、「年収200万円からのマイホーム戦略」という著書を刊行しました。

また、セミナーを開いたり、テレビにコメンテーターとして出演することもあります。

例えば、日本経済新聞系列の日経BP社発行の月刊誌「日経マネー」に
「失敗しない不動産投資術」というコラムを掲載。

日経マネー

同じく日経新聞系のテレビ東京の番組「e-Morning」にコメンテーターとして出演。

日経CNBC

また、CS局である日経CNBCの番組「TOKYOマーケットウォッチ」にも出演。
ユニクロマンションとアウトレットマンションについてコメントしました。


また、主婦と生活社の季刊本「トクするマイホーム」の巻頭特集
「世界で一番わかりやすい値引き交渉術」には全面協力。

マイホーム

でも・・・・・・
こういう活動とは別に、20年前からある会社を経営しています。
ちょうどバブルの終わる頃でしたが、最初の頃はよく儲かりました。
びっくりするくらい利益もでました。

でも・・・やってきたのです、税務署が。
1回目は会社設立3年目だったでしょうか。
最初だから怖いもの知らず。
高をくくっていたのですが、まあ、相手もプロですね。
「ヤバイ」と思っていたところをことごとく指摘されました。

それでも、戦うだけは戦いました。

かなりムチャクチャな主張をしました。
私は、法学部出身なので、多少は法律のことが分かるのですが
そんなものお構いなしです。

「税法ではこうなっています」

といわれても

「俺はそんなこと聞いていない」

という感じで、ホントにムチャクチャな主張をしました。
でも・・・それで税金が半額。

実は、そんなムチャクチャなことを言い通すためには
ちょっとしたノウハウがあったのです。

私は、そのことを1回目の税務調査で偶然知ったのです。
それは、この教材の中で説明しておきました。

2回目の調査は、それから2年後。
2年後ですよ!
普通は3年に1度か5年に1度でしょ?

きっと、ブラックリストに載ったのです。

怖い?

ぜーんぜん怖くありません。

むしろ、ブラックリストに載った方がやりやすいのです。
その理由も、この中に書いておきました。

で、2回目の税務調査はどうなったか?

また、グダグダとつまらない指摘ばかりされたので、調査員と大喧嘩です。

大喧嘩をしたら、厳しくされる?

それは大間違い。
なぜそうなのかも、中に書いておきました。

結果は・・・ケンカ別れですよ。
調査のあと、何度か電話がかかってきましたが、ほぼ無視。

半年後、どうしても逃れられない部分だけ修正申告。
ほんの数万円を収めただけです。


そして3回目がやってきました。その2年後です。

それでどうしたか・・・・今度は、完全に「撃退」しました。

どうやって撃退したのか?

それは本文にビッシリと書かせていただきました。

どうぞ、みなさんもコレを読んで、私のように税務調査を撃退してください。
本当に、何にも怖くありませんから。
このノウハウがあれば、俺は絶対に負けないぞ!

ここには、税務調査官の目をそらせるための
細かな経理知識などは一切ありません。

税務署から「いい会社」に見られる事によって、
調査を手加減してもらおう、
などという卑屈な発想も一切ありません。

税務調査官を怒らせない、疑わせない、気分よくさせよう、
などという誤った手法も一切ありません。

このノウハウ集の示す方法はただひとつ。

税務調査に真正面から立ち向かい
法律的にも、道徳的にも、人間的にも
正しい方法で、堂々と撃退することです。

「もうすぐ税務調査が来るかもしれない」
「来たらどうしよう、ああ・・嫌だ、嫌だ」
「こんどは何を言われて、いくら払わせられるのだろう」
「どうして、ウチにばかり来るのだろう」

いろいろ悩む前に、このノウハウ集をお読みください。

このノウハウ集は、
税務調査を上手に受けるのではなく、
税務調査そのものを撃退する、
あるいは無力化する方法を何種類も示しています。

税務調査は、通常
「税務署からの連絡」
    ↓
「日時の決定」
    ↓
「税務調査官の来訪」
    ↓
「調査の開始」
    ↓
「不正・誤りの指摘」
    ↓
「見解の相違についての話し合い」
    ↓
「決着すれば修正申告。しなければ更正処分」

という流れで進みます。

このノウハウ集は、そのすべての段階の
どこででも、どこからでも、
税務調査を撃退する、
あるいは無力化するノウハウが
ギッシリと詰まっています。


さあ、このノウハウ集を申し込み
ダウンロードして、読んでください。

きっと眼からウロコ・・・・

「こんな方法もあったんだ」
「へえー・・・こうすれば、税務署員をやっつけられるんだ」
「ようし、今度きやがったら、この手で追い返してやる」

今まで税務調査の横暴に耐え忍び
不愉快極まりない思いをされてきた方も
きっと溜飲を下げていただけます。


お申込みはコチラからです

このノウハウ集には、国税OBや税理士の立場では
絶対に書けない、教えられない、
あの手、この手・・・誰も教えてくれなかった手法がいっぱい詰まっています。

では、以下に各専門家が語る、
「横暴な税務調査を撃退、かなり過激なノウハウ集」
の革命性をご紹介しましょう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これは、今まで誰にもかけなかった
税務調査に対する革命的なマニュアル・・・・

それを裏付ける証言として、
これを読んだある国税OBが感嘆のあまり、
次のように語りました。

「こんなことをされたら、
税務調査は必ず頓挫(とんざ)してしまいます。
法的には誤っていないから
手の施しようがない・・・・・
国税OBとしては、
こんなものは一部の事業主の間だけに留めてもらって
決して広まって欲しくもない。
すべての事業主がこんな方法で
税務調査に対応されるのは、まさに悪夢ですよ」


国税OBをして悪夢と言わしめる方法、
それを満載しているのが、
この「横暴な税務調査を撃退、かなり過激なノウハウ集」なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、ある現役税理士は

「これはかなり過激ですね。
民商でもここまでやらない。
民商は大勢で集まってワーワー威嚇するだけだけど
こっちははるかに手が込んでいる・・・というか
巧妙に税務署側の嫌がる手法を使っている。
まさに裏ワザの集大成、という感じですね。
でも、法的には一線を超えていませんね。
我々のようなオモテで勝負する税理士には
絶対に書けませんね、こういうことは。
そういった意味では、まさに革命的ですよ。
それは十分に認めます」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まさに革命的な裏ワザの集大成、
それが「横暴な税務調査を撃退、かなり過激なノウハウ集」なのです。

これを読めば、何十万円、何百万円、あるいは何千万円もの
「余計な税金」を払わなくてよくなるかも・・・・・

そんな価値あるノウハウ集を

18,900円でダウンロードできます。

当局から妨害が入って「発売禁止」になる前に、
ぜひお申込みください。

お申込みはコチラからです

ノウハウ集


本体レポートはダウンロード版67ページ(A4版)PDFファイルになります。
※冊子をご希望の方は、別途1,500円をご負担いただくことになります。


発売以来、多くの方にお買上げいただきました。
そして、続々と喜びの声が届いていますので、一部をご紹介します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは、榊さん。

最初は半信半疑でした。
そんなこと、ウソだろう・・・くらいに思っていました。
でも、勇気を出して書いてあった通りにやってみたのです。
そうすれば・・・なんと不思議。
本当に、本当に、税務調査を撃退できたのです。
今まで、アレコレ悩んできたのが何だったのだろう、と気抜けするほど。
税務署員って、あんなに「弱い」とは知りませんでした。
これで、毎回安心して決算書を出せます。
榊さん、本当にありがとうございました。
月田芳郎(仮名) 南関東 飲食業
月田芳郎(仮名) 南関東 飲食業

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こんにちは

私はもう20年近く、食品関係の小さな会社を経営しています。

たいして儲かっていないのに、3年に一度は税務調査を受けていました。
「仕方がないかな」と半ば諦めていたのですが、
毎回ちがう基準を示されて、もっていかれる「お土産」には
腹が据えかねることもありました。
でも、この教材を読ませていただいて、眼からウロコ。
「こんな方法もあったのだ・・・・」
でも、実践するにはちょっとした勇気が要りました。
なぜなら、今まで税務署員に平身低頭していたのに
ガラっと態度を変えなきゃいけないのですから。
でも、やって見たら気分爽快。こんなに気持ちのいいことありません。
おかげで、今年の調査はお土産ゼロ。手ぶらでお引取りいただきました。
仲田寛(仮名) 中国地方 食品卸
仲田寛(仮名) 中国地方 食品卸

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ホントにアリガトさんです。

いやー、ビックリしましたよ。
だって、本当に「税務調査を撃退」できたのですから。
いつもビクビクしていたのが、コレを読ませていただいてから
税務署員なんて全然怖くなくなりましたね。
ちょっとでもヘンなこといいやがった時には、
「バカヤロウ」と怒鳴りつけてやりました。
すごーく、気分がよかったですね。
もっと早くこの教材に出会っていればよかった。
残念なのはそこのことです。本当にありがとうございました。
吉田欣司(仮名) 北陸地方 製造業
吉田欣司(加盟) 北陸地方 製造業

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

榊さん、こんにちは。

食品関係の小さなお店をやっているのですが、
あの「税務調査」って、本当にうっとうしいですよね。
何とかならないのか、って税理士の先生に聞いても
「それは受忍義務です」なんていわれて、納得できませんでした。
でも、榊さんのおっしゃるとおり、何も我慢することないのですよね。
女だからって遠慮することもないし。
「物分りがよくない方がいい」というのを聞いて、笑ってしまいました。
だって、私はよく娘から「何を言っているのかさっぱり分からない」と
いわれるから、ずっとコンプレックスだったのが、それが武器なるなんて。
もう、税理士の先生に頼らなくても・・・いいえ、頼らない方が
ずっと簡単に税務調査を撃退できるようになりました。
土田朝子(仮名) 北海道 小売業
土田朝子(仮名) 北海道 小売業


お申込みはコチラからです



本体レポートはダウンロード版67ページ(A4版)PDFファイルになります。
※冊子をご希望の方は、別途1,500円をご負担いただくことになります。