マンションレポート最新情報 【全て見る

パークホームズ北浦和ガーデンズ、 ガーデンハウス浦和常盤は買いか? パークスクエア浦和常盤、 クラッシィハウス浦和上木崎は? 榊淳司の資産価…続きを読む

価格4,290円

シティハウス大塚、リビオレゾン西日暮里 オープンレジデンシア文京六義園テラスの資産価値。 プレシス本駒込は買いか? 榊淳司の資産価値レポート…続きを読む

価格2,980円

プレミスト東京王子 ザ・パークハウス オイコス赤羽志茂 ネベル板橋 アネシア東京尾久は? 榊淳司の資産価値レポート037 北区・総集編 全1…続きを読む

価格3,890円

オープンレジデンシア六義園山手プレイス、 クレヴィア池袋West、East、 プラウドタワー東池袋、 シティハウス大塚の資産価値は? 榊淳司…続きを読む

価格2,590円

クレヴィア本郷春日ステーションフロント、 パークコート文京小石川ザタワー、 ライオンズ文京茗荷谷 シェフルール文京茗荷谷の資産価値は? 榊淳…続きを読む

価格3,190円

クレヴィア小石川後楽園、 シャリエ御茶ノ水、 パークコート文京小石川ザタワー、 クレヴィア文京湯島は買いか? 榊淳司の資産価値レポート020…続きを読む

価格8,190円

プラウド杉並高井戸サウス、 ヴェレーナグラン浜田山、 アトラス荻窪大田黒公園、 プラウド南阿佐ヶ谷の資産価値は? 榊淳司の資産価値レポート0…続きを読む

価格3,790円

パークナード代官山の資産価値は? パークナード恵比寿、 ザ・パークハウス 渋谷南平台、 THE COURT 神宮外苑は買いか? 榊淳司の資産…続きを読む

価格6,890円

グランスイート千代田麹町、 グレーシア千代田秋葉原が販売中。 シティタワー・ルフォン九段の杜、 ザ・パークハウス五番町は買いか? 榊淳司の資…続きを読む

価格4,980円

ロイヤルシーズン西麻布、 パークコート青山一丁目, サンウッド青山, ブランズ六本木の資産価値は? 榊淳司の資産価値レポート012 六本木・…続きを読む

価格2,590円
榊 淳司オフィシャルブログ

3月14日16:36「榊淳司マンション情報297号 千代田区の2物件」
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、3月に入って2回目の配信でした。
次回は渋谷区あたりの予定です。
ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。※送信は月単位ではなく、手続き完了以後のものからとなります。お申し込み手続き完了時点より遡っての配信は致しておりませんのご注意ください。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」


購読料 1ヵ月 1,590円

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ

新しいユーチューブでの動画を制作しました。
資産価値レポート「港区総集編」のPRです。
新しい編集ソフトを使い始めたので
まだタイトルを入れた程度です。
ただ、音が小さいのでボリューム上げてください。

 



2019/3/14 16:39 | メルマガ発信 | Comments (0)

最近、京都大学模試の理系現国を解かされる機会がありました。
あたり前ですが、よー分かりません(笑)。
センター試験レベルなら、古文漢文含めて何とかなります。
しかし、さすがに京大は難しいですね。

1500字くらいの論説文を読まされて、その内容について
あれこれと問われるような、入試ではごくありがちな問題でした。
最初に驚くのは、その論説文が何を言いたいのか分からないこと。
3回くらい読んで、やっとおぼろげな意味が分かります。

次にゲンナリするのは、使っている言葉の難解さ。
「こんな言葉知らんわ」という単語がいくつも出てきます。
私は読書量がそれなりなので、意味が分からない
言葉に出くわすなんてことは滅多にありません。

しかし、その書き手が勝手に合成している言葉なんて、
「知らんがな」の世界なのです。あたり前でしょ。
「これを受験生に読ませるんか」と思いました。
まあ、京大に入るような人は頭の構造が違うのでしょうか。

何とか自分なりに解釈して解説はしました。
あっているのかどうかなんて全く自信なし。
私に尋ねた受験生は、その論説文を10回読んでも
何を言いたいのか見当もつかなかったそうです。

しかし、「現代国語」という科目は病んでいますね。
そもそもこの科目、何のためにあるのですか?
私の理解では「日本語を正しく理解して使うため」でしょ。
ああいう分かりにくい論説文の言いたいことを正確に
理解する能力に汎用性があるとは思えません。

それは間違いなく特殊能力です。
こむづかしい論文を査読しなければならない一部の
哲学系学者さんだけが持っていればいい能力。
それをどうして理系の入試問題に想定するのでしょうね。

そもそも、大学入試における現国という科目の
設定自体に問題があります。
ああいうスタイルの試験でどれだけ高い点を取れても、
まともな日本語の文章を書けるとは限りません。
また、物事を理路整然と説明できる能力も身に付きません。
ああいった試験で身に付くのは主に「悪文読解力」です。

文法や言葉は間違っていなくても、日本語の文章として
ひどく出来の悪い文章を読みこなす能力ですね。
そんなもの、世の中から出来の悪い日本語の文章を
追放してしまえば、不要な能力ではありませんか。

私は何冊か拙著を出させてもらったおかげで、
何社かの新書の編集者さんと親しくさせていただいています。
彼らが異口同音に言うには「大学の先生は総じて文章が下手」。
教授たちの原稿が上がってくるとドキドキするのだそうです。
「どんな恐ろしい原稿なのだろう」とビビるワケです。
まあ、たいていは「うわー」となるそうですが(笑)。

世の中で、新書を書くほどの大学の先生なら、
どう考えてもアホではないでしょ。少なくとも
世間に解説するような実績や知見をお持ちなはずです。
そしてだいたいが大学入試の現国でそれなりの
スコアを出されているのではないでしょうか。
私立理系のご出身なら、そうではない方も交じりますが、
少なくとも文系なら現国は必修科目なはず。

そういう属性の方が、総じて編集者を唖然とさせるような
稚拙な日本語の文章しか書けないのが、今の日本です。
それはつまり、少なくとも現国の入試問題が
「日本語を正しく理解して使うため」の内、「使う」という
能力の計量には無関係、ということですね。

ある編集者さんは「うちの新書は時々入試に使われます」
とおっしゃいました。試験が終わってから通知が来て、
ほんの少し使用料が支払われるのだとか。
出版社に連絡が来るので、担当編集者が送られてきた
問題文を添付して著者さんに送るのだそうです。

そういう問題と解答を見た著者さんがよく言うこと。
「こんなつもりで書いてないのだけどなあ」
これって、よく聞く話ではありませんか。

結局、現国の試験は「出題者の意図」を読み取る
テクニックだけをスコア化しているだけです。
なんかこれ、去年はやった「忖度」に似ていませんか。
そして、実に下らない能力ではありませんか。

ある調査によると、日本人の35%はカンタンな
日本語を読みこなす能力さえ備わっていないとか。
まあ、それでも出来る仕事はたくさんあります。
だからこの国はなんとか持っているのでしょう。

しかし、世の中の知識人と呼ばれる人々の
日本語の能力がイマイチなのは、私はこの国の
国語教育が根本的に間違っているからだと思います。
それは結局、外国語である英語の教育にもつながり、
日本人全体の「英語ベタ」の基盤だと推定できますね。

ではどうすればいいのでしょう。
私は基本に忠実にやればいいと思いますよ。
基本とは「読む」、「書く」、「話す」、「聞く」。
たくさん読ませて、いっぱい書かせて、
時に喋らせる。そこを中心にすれば十分でしょう。
まあしかし、この4つの国語の基本能力を満足に
教えられるレベルの教師が、小学校から大学まで
ほとんどいなさそうなのが今の日本です。嗚呼。

さて、早稲田大学エクテンションセンターでの春学期、
私の講座が開講されます。そのタイトルもずばり

マンションの買い時、売り時を探る

5月18日の土曜日です。13時から18時まで。
すごいでしょう。1日で90分を3回かまします(笑)。
榊三昧の5時間を、どうぞお楽しみください。

新しいユーチューブでの動画を制作しました。
資産価値レポート「東京のタワーマンション」のPRです。
新しい編集ソフトを使い始めたので
まだタイトルを入れた程度です。
ただ、音がやや小さいのでボリューム上げてください。

ゲンダイさんでのユーチューブでの配信も続いています。
このシリーズ、これで何本目やろ?
これからもどんどん出てきます。

2019年4月13日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額6億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:4月13日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室(以前の4階から2階へ変更になりました)
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

4月13日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は2組様。
待ち時間はございませんでした。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ




3月12日14:51「榊淳司マンション情報296号 港区の2物件」
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、3月に入って1回目の配信でした。
次回は千代田区あたりの予定です。
ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。※送信は月単位ではなく、手続き完了以後のものからとなります。お申し込み手続き完了時点より遡っての配信は致しておりませんのご注意ください。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」


購読料 1ヵ月 1,590円

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ

新しいユーチューブでの動画を制作しました。
資産価値レポート「港区総集編」のPRです。
新しい編集ソフトを使い始めたので
まだタイトルを入れた程度です。
ただ、音が小さいのでボリューム上げてください。

 



2019/3/12 14:54 | メルマガ発信 | Comments (0)

ちょっと前、ロシアが本気で北方領土の返還を
考えているのではないか、という観測が流れました。
しかし、どうやらロシア国内の事情が変わったようです。
当面、それは無理そうですね。

北方領土は粘っていればいつか返ってくるでしょう。
何といってもロシアにとっては保有していても
出費がかさむだけの島々ですから。
彼らの本音は「高く売りたい」ということです。

ロシアは衰退途上の大国です。
人口は1億4千万ちょっと。減りつつあります。
ロシア人という民族はそれなりに優秀ですが、
政治がなっていません。というかカオスです。

ロシアの悲劇は、歴史上一度も民生を第一に考えた
政府を持てなかったことでしょうね。
なのに「大国」の歴史を経験しています。
これが彼らにとってはすこぶるよろしくありません。

ロシア人たちは「自分たちで何とかしよう」という
発想が極めて希薄なお考えをお持ちように思えます。
そのあたり、近代的な自立精神に立脚している
プロテスタントや武士道の国とは異なります。
つまりは、自由主義経済や資本主義に馴染まないのです。

私たちの日本は、かなり良くできた国です。
しかし、ほとんどの日本人はそのことを理解していません。
警察は治安を守っているし、税金はルール通りです。
健康保険制度も世界一と言っていいほど整っています。

そういう国で暮らしていると、外国を理解しづらいもの。
特に行政や警察が機能していない国のことについては、
感覚的に他の星の様に思えてしまうはずです。
でも、ロシアはそういう国なのです。

あの国は、石油や天然ガスを他国に売ることで
国民が生活をしている、といっても過言ではありません。
他の産業といえば、軍需や宇宙といった特殊分野。
芸術面でも、世界の一流に伍す分野があります。
でも普通の工業製品は西側や中国から買っているのがほとんど。
非常にいびつな産業構造になっています。

国土は広いですね。世界一ではないでしょうか。
でも、統治は出来ていません。特に端っこの北方領土なんて。
150年ほど前に清王朝から脅し取った極東ロシアなんて、
人口が600万人ちょっとなのに、そのお隣になる中国の
旧満州や内蒙古なんて、その20倍の人が住んでいます。
彼らは徐々に極東ロシアに流入しています。

極東ロシアや西シベリアには天然資源が豊富。
しかし、それを活かす術をロシア人は知りません。
だから、日本には一貫して経済協力を求めてきます。
しかし、儲かるシステムが出来上がった途端に
「もうお前らは必要ない」と追い出されます。
そして、結局そのシステムをダメにしてしまいます。

ハッキリ言って、ロシア人はビジネスに向いていませんね。
アタマは悪くないけれど、仕事の相手にはしたくない人々。
そのくせ、プライドだけは高いので付き合いにくい。
日本人から見ると白人ですが、中身はすこぶるアジア的。

少し前、バリ島にも大勢のロシア人がいました。
まあ、メシを食ったりお酒を飲むにはいい人々。
バリ島のロシア人はほとんどが英語を喋ります。
英語を話さないロシア人は日本語を喋れたりします。

数年前に、バリ島のロシア人は急に元気がなくなりました。
その理由は原油価格の暴落です。1バレル100ドル超が
一気に30ドルあたりまで下がりました。
今は50ドル台まで戻っていますね。

結局、主たる産業の無いロシアは石油と天然ガスを
他国に売ることによってご飯を食べているのです。
サウジアラビアやベネズエラと同じ経済構造。
原油価格が下がれば、彼らは貧しくなるのです。

だから、原油価格が1バレル20ドルくらいになれば、
北方領土は買い戻せる可能性があります。
安倍君の努力とは関係ありません。純粋に経済です。
だから日本は、原油価格が暴落した時に
交渉を仕掛ける心の準備をしておけばいいのです。
前回、20年ほど前にチャンスがあったのに、
日本はみすみす逃がしてしまいました。
次回は決して逃がさないようにすべきです。

さて、早稲田大学エクテンションセンターでの春学期、
私の講座が開講されます。そのタイトルもずばり

マンションの買い時、売り時を探る

5月18日の土曜日です。13時から18時まで。
すごいでしょう。1日で90分を3回かまします(笑)。
榊三昧の5時間を、どうぞお楽しみください。

新しいユーチューブでの動画を制作しました。
資産価値レポート「東京のタワーマンション」のPRです。
新しい編集ソフトを使い始めたので
まだタイトルを入れた程度です。
ただ、音がやや小さいのでボリューム上げてください。

ゲンダイさんでのユーチューブでの配信も続いています。
このシリーズ、これで何本目やろ?
これからもどんどん出てきます。

2019年4月13日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額6億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:4月13日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室(以前の4階から2階へ変更になりました)
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

4月13日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は2組様。
待ち時間はございませんでした。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ



2019/3/11 15:50 | ちょっと脱線 | Comments (0)

先日、不定期ながらたまに飲むメディアのお方が
「10月1日の消費増税は9割がたありませんね」
とおっしゃっておられました。そのお方は教養本の
編集にも携わっていて安倍君のブレーンからも
それなりに取材をなさってのその結論です。
うーん、ないのかああああああ(笑)

確かに、最近その関係の報道記事が少ないですえね。
度々書いているように、消費増税は自殺行為です。
普通に考えると、今やるにはあり得ない政策。
その必要もないし、マイナス効果が大きすぎます。
やりたいと思っているのは財務省だけ。

新聞は軽減税率が適用されるので表立っては反対せず。
新聞社系メディアも、それに引きずられているところがあります。
安倍君は「リーマンショック級の事件がない限り」
とは言っていますね。ただ、それはただのしがらみ。
本音では「上げたくない」というのが見え見え。

さて、そのあたりを想像しても仕方がないので、
今日は仮に「消費増税が延期または中止」になった場合、
世の中の動きがどうなるかを考えます。
特にマンション市場への影響についても私なりに考察。

カンタンに言えば、このバブルを延命させる効果があります。
2013年以降、都心や城南エリアのマンション市場は
バブル的な価格の高騰に見舞われてきました。
その原因は大きく二つ。金融緩和と建築費高騰です。

建築費の高騰はここ数年、高値安定で落ち着いています。
異次元金融緩和の影響は深刻です。マンション価格を
経済合理性で説明できない水準まで高騰させました。
住宅への需要が増大していないのに、価格だけ高騰。
だから現在の現象はバブルなのです。

消費増税は、そのバブルに冷水を浴びせる効果があります。
人々が消費を抑制するのでマンションも売れなくなります。
2014年の4月に5%から8%になった時に、そうなりました。
しかし日銀の黒田君がその10月に「異次元金融緩和第2弾」、
いわゆるバズーガ2をぶっ放したことによって、
景気後退を動きにブレーキを掛けました。おかげでバブル発生。

今回、10月1日に消費税が上がると、景気後退は確実。
しかし、黒田君にはバズーガの弾が残っていません。
だから不景気の到来には「打つ手なし」の状況。
新聞を読んでいると日銀の政策委員でリフレ派のお方が
「景気が後退すればさらなる金融緩和が必要」なんて
発言をなさっていますが「なにゆうてんの」の世界。

日銀にはもう金融緩和を行う弾が一発もないのです。
ない弾は撃てません。あるとすればマイナス金利くらい。
そんなことしたら銀行が束になって潰れます。
みなさんは気づいていないかもしれませんが、
今の日本の金融政策って、世界史的に見て無茶苦茶です。

マンション市場は、その無茶苦茶な金融政策の
おかげでバブっているだけなのです。
だから、どこかで揺り戻しは必ずあります。まあ、暴落。
私は別に暴落を望んでいませんが、その可能性については
「知っている人間」としてお伝えする義務があると、
自分ながら勝手に考えています。
インテリのノブレスオブリージュだと思っているのです。
何といっても、同業者には提灯やスノッブが多いので(笑)。

さて、消費増税の延期または中止は、このバブルを
延命あるいは拡大させる効果が生じると考えます。
売り手側を強気にさせるのです。しかし、それは多分に気分。
実のところ、消費税が2%上がってもマンション価格には
ほとんど影響がありません。

カンタンに説明すると、新築マンションなら建物部分にしか
消費税がかかりません3500万円なら70万円のアップ。
郊外の安いマンションなら建物分2500万円が増税対象。
値上がり幅は50万円。全然大したことありません。
新築マンションは売れなくなると100万円単位で
値引きしますから、消費税の2%なんてぶっ飛びます。

中古マンションなら、売り手は非課税の個人ですから
基本的に消費税は掛かりません。かかるのは
仲介業者に支払う手数料。増税はだいたい数万円以内。
だから、本来消費税はあまり関係ないのです。

しかし、人間は気分に左右されます。
東京オリンピックまでは下がらない、なんていうのも気分。
五輪は不動産需要と関係ありません。特に住宅は埒外。
なのに、世間の気分は五輪を境に不動産価格は
下落する、と思い込んでいるところはあります。

確かに、五輪は人々の気分を盛り上げます。
盛り上げるということは、その終了で冷めさせます。
だから長野五輪の時には、その後の価格下落を招きました。
まあ、今回も似たような現象は起こり得ますね。

結論を言えば、消費増税の延期または中止は、
今の局地バブルに対して中規模の延命効果をもたらします。
しかし、それは一時的なものかと思われます。
それよりも、中国の鮮明な景気後退や、
ヨーロッパの経済混乱の方がはるかに強烈な影響があります。

逆に、このままズルズルと消費増税になってしまえば、
ハッキリ言って日本経済は致命的な
マイナスバズーガを喰らいますね。ほぼ確実。

新しいユーチューブでの動画を制作しました。
資産価値レポート「東京のタワーマンション」のPRです。
新しい編集ソフトを使い始めたので
まだタイトルを入れた程度です。
ただ、音がやや小さいのでボリューム上げてください。

ゲンダイさんでのユーチューブでの配信も続いています。
このシリーズ、これで何本目やろ?
これからもどんどん出てきます。

2019年4月13日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額6億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:4月13日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室(以前の4階から2階へ変更になりました)
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

4月13日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は2組様。
待ち時間はございませんでした。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ