マンションレポート最新情報 【全て見る

ドレッセ中央林間、 ザ・パークハウス オイコス金沢文庫、 横浜北仲タワープロジェクト、 プレミスト湘南辻堂、 シティテラス大和の資産価値は?…続きを読む

価格6,980円

シティタワー武蔵小杉、 グランドメゾン元住吉、 シティハウス武蔵小杉ガーデン、 パークシティ武蔵小杉GTEWの資産価値は? 榊淳司の資産価値…続きを読む

価格3,890円

シティテラス川崎鈴木町 グランドシーズンズの資産価値は? レーベン川崎京町、 レーベン川崎小田1丁目、 グレーシアシティ川崎大師河原は? 榊…続きを読む

価格1,980円

プラウド宮崎台フロントは買いか? プラウドシティ宮崎台、 ザ・パークハウス 宮前平、 ブリリア鷺沼一丁目は? 榊淳司の資産価値レポート043…続きを読む

価格3,890円

ソライエ成増、パークホームズ板橋蓮根の 資産価値を分析。 スカイティアラ、アデニウム板橋浮間公園は 買ってもいいか? 榊淳司の資産価値レポー…続きを読む

価格3,890円

グランドメゾン江古田の杜の20年後は? プラウド上鷺宮、ピアース中野坂上、 ザ・パークハウス中野タワー、 パークリュクス中野は? 榊淳司の資…続きを読む

価格3,190円

ザ・パークハウス 山吹神楽坂、 プラウド神楽坂マークスは? シティハウス四谷坂町、 ウエリス新宿早稲田の森は? 新宿区総集編全19物件 【2…続きを読む

価格6,190円

Brillia City石神井台、 パークホームズ吉祥寺北グランヴィラは買いか? ヴィークコート吉祥寺通り、 ザ・パークハウス練馬美術の森は…続きを読む

価格4,490円

ザ・パークワンズ 品川戸越、 シティタワー品川パークフロントの 資産価値は? プライムパークス品川タワー& レジデンス、 グランドメゾン品川…続きを読む

価格6,690円

シティハウス目黒ザ・ツイン、 グランドヒルズ目黒一丁目の 資産価値は? シティハウス中目黒の レジデンス&テラス、 シティタワー目黒は? 目…続きを読む

価格3,980円
榊 淳司オフィシャルブログ

実は私、大東亜戦争の戦記物を読むのが好きです。
ブックオフに行くと、だいたい文庫の108円コーナーで
光人社のNF文庫を探しますね。
まだ読んでいないものなら、必ず買います。

最近読んだもので、面白かったのを紹介しましょう。
「Gパン主計ルソン戦記―戦場を駆けた一青年士官の青春」

著者なる人は、千葉県の外房がご出身。実家は地元の名家。
東京の商業学校に通っていた1944年に、学徒出陣。
陸軍の第一師団に入営なさいます。第一師団ですよ!
ハハハ、これは私みたいなマニアにしかわかりませんね。

今の自衛隊にも「第1師団」はあります。練馬駐屯。
これは帝国陸軍で言えば近衛師団。帝都東京を守る役割です。
ところが、旧軍時代の第一師団は近衛師団に継ぐ精鋭、
とされていたのです。何といっても「第一」ですから。

どこの会社でも1局1部1課が主流でしょ。
政治家はよく「1丁目1番地」なんて言いますね。
それと同じで、帝国陸軍でも第一師団は一番強くなければ
いけないとされていたのです。

ところが、著者が入営した時の第一師団はソ満国境の孫呉
というところに駐屯していたのですよ。
いやはや、これにはビックリ。というか、私は不明を恥じました。
孫呉というのは、私の大好きな日本映画「兵隊やくざ」の舞台。

勝海舟の「大宮」と田村高廣の「上等兵殿」が繰り広げる、
痛快無比の戦争映画。といっても戦闘シーンはほとんどなし。
日本陸軍の陰惨ないじめや兵営生活を描いたものです。
でも、ちっともジメジメしていません。かなり痛快。
彼らの属していた部隊は第一師団だったのですね。
どうりで大宮も上等兵殿も東京の出身という設定でしたね。
第一師団は、主に東京で招集された兵隊で構成されているのです。

その師団がどうしてまた極寒の孫呉なんぞに駐屯していたのか?
それは1936年に起きた2.26事件で「反乱」部隊を出したから。
まあ、そのペナルティとして満州の最北端にやられたのです。
「Gパン主計」の著者も、その孫呉で新兵教育を受けます。

「反乱」師団とはいえ、当時の陸軍最強を謳っていましたから、
新兵訓練も猛烈を極めていますね。まあ、それはいいとして。
ところが、1944年にもなると日本軍は南方戦線でかなりの苦戦。
虎の子の第一師団も南方へ転出とあいなるわけです。

みな、南方へ行けば生きて帰れないと気が付いています。
転出直前になると孫呉の慰安所はもちろん芸者のいるお店などは
毎日毎日大盛況。孫呉が糊の海になるほど・・が放出されたとか。
しかし、この著者の表現力は中々のもの。感心しました。

中国大陸を移動して上海へ。そこから輸送船にぎゅう詰めにされて
フィリピンはルソン島へ。まあ、当時にあっては奇跡的に無事上陸。
この間、「兵隊やくざ」では南方に送られる直前に、
大宮と上等兵殿は営巣に入れられていて輸送船に乗れません。
まあ、そっちはフィクションですけどね。

この著者さんは、物資の輸送中にゲリラに襲われて重傷。
入院加療中に第一師団は米軍が上陸したレイテ島に転戦。
そこでほぼ全滅してしまいます。まあ、悲惨な戦いでした。
しかし第57連隊などは米軍をさんざん悩ましています。
レイテに渡った第一師団13000人の内、生還者は30名だとか。
この戦いについては大岡昇平の「レイテ戦記」に詳しいですよ。

一方「Gパン主計」の著者は、野戦病院で日赤看護婦と恋愛模様。
この著者さん、よほどお人柄が良いと見えて、
あの悲惨な戦場にあっても様々な人々から援助を得ます。
また、主計将校としても優秀。乏しい物資をうまく調達。
自分の部隊をなるべく飢えさせない様に計らいます。

とはいっても、ひどい負け戦です。
とうとう在留の日本人とともに奥地への逃避行。
これがまた悲惨。次々と日本人が死んでいきます。
この本には書かれておりませんが、人肉まで食ったとか。

実は、大東亜戦争でもっとも日本人が多く死んだのがフィリピン。
兵士だけではなく、在留の民間人が多数亡くなったのです。
戦前は多くの日本人がフィリピンに渡って仕事をしていましたから。
兵士が34万人、民間人が5万人以上で合計40万人以上です。
天皇・皇后両陛下も昨年はフィリピンをご訪問されました。
そして、戦争の犠牲者を慰霊されましたね。

しかし、民間人などは米軍占領エリアに残す方針だったら、
もう少し犠牲は少なくできたのではないでしょうか。
そういうことを考えながら、最後のあたりを読みました。
読後感は悪くありません。当時の様子がよく分かりました。

多分、小さい頃からも合わせると、フィリピンでの戦については
20冊以上の戦記を読んできたと思います。
まあひどい負け戦で、日本軍が勝つシーンはほとんどありません。
陸上での負け戦で、最も悲惨なのはフィリピンとニューギニアでしょう。
私の叔父も、ニューギニアで戦病死しています。

もちろん、この「Gパン主計」の著者は無事に日本に帰りつきます。
送り出したご母堂はさぞかし嬉しかったでしょうね。
しかし、この著者は生きておられれば今92歳です。
兵士として戦争を体験した方は、かなり少なくなりました。
でも、私はひとつひとつ丁寧に読んでいきたいと思います。
このような実際の戦争体験者の回想記は、いつも
「日本人とは何か」ということを考えさせられるのです。

戦争というのは愚かしいものです。
でも、日本は多くの戦争をしてきました。
これからも、戦争を仕掛けられる可能性があります。
「平和」という呪文を唱えているだけでは戦争を避けられません。
せめて、次に戦争に巻き込まれるときには、
負けないようにやるべきですね。
つくづくそう思います。


5月13日 (土)榊淳司の不動産売却&投資ご相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:5月13日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

5月13日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回のご参加も5名様で、
一部の方に待ち時間が多少ございました。
ここ3回ほどは5名様のご参加で安定しています。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ




25日は「北朝鮮が核実験をするかも?」という日でした。
この原稿を書いている時点で、どうということはなし。
過去最大規模の軍事演習を行っているといいますから、
まあしばらくは何も起こらないでしょう。
きっと習君がガンガンの脅しをかけたのだと思います。
さすがの三男ブタも震え上がったのではないですか。
しかし、月内に核実験をやらかす可能性はまだ5割くらいありそう。

この緊張は案外長引くかもしれません。
もしかしたら、北朝鮮の海上封鎖ということもあり得ます。
そうなったら、キューバ危機以来ですね。
でも、海上封鎖は陸続きの中国が裏切ったら効果がなくなるので、
可能性としてはあまり高くありません。

何も起こらない「現状維持」というのは結構なことです。
突発事件が起こらない方が、先行きを読みやすいもの。
現状の流れの延長線上を想像すればいいのですから。
しかし、武家というものは常に常在戦場の心構えが必要です・・
なーんて、私は軍人じゃあないのでそんな覚悟はありません。
チマチマと「この先どうなるのか」について考えるだけ。

トランプ君は内政では躓いていますが、外交はまずまず。
ただ私が理解する限り、まだどの国へも出かけていません。
「世界の王」らしく、訪米した各国首脳の謁見を行っている状態。
安倍君なんて就任前後に2回もご拝謁を許されています。

もっとも計算が狂っているのは、中国とロシア。
中国は「一つの中国にこだわらんよ」と、就任前に
強烈なジャブを喰らってアタフタしていました。
そっちが落ち着いたと思ったら、今度は北朝鮮。
「三男ブタを何とかせんと、こっちで始末するよ」
習君、よっぽど言いたかったでしょうね。
「何とかできるものなら、とっくにしてますがな」

ロシアも「プーチン&トランプ」の個人的な関係が
築けるかと思ったのは糠喜び。今は冷え冷えしています。
ロシアが大統領選挙に介入してヒラリー君の邪魔をした、
なーんて前代未聞のスキャンダルが出てきて、
すっかり対米外交の選択肢が狭まってしまったのです。

おまけに「化学兵器を使った」という理由で、ロシアが
援助しているシリアのアサド政権側にミサイル59発。
面子はすっかり丸つぶれですがな。しかし、辛いのは
ギャンギャンとトランプ君を非難したら反発されそうなこと。
ロシアからすれば、トランプ君がまだプーチンに敬意を
抱いているかどうか分からぬうちは、勇み足ができません。

しかし、トランプ君は就任100日が経過しましたが、
アメリカ国内の経済については、ほとんどが無為無策。
入国制限の乱発などで混乱を招いたくらいですか。
今後はいったいどうなるのでしょうね。よう分かりません。

中国は景気が回復している気配がありますね。
といっても、あの国の実態は外からでは判然としません。
不動産バブルは必ず弾けるはずですが、何といっても
あの国は基本が政府管理の共産主義がベースにあります。
もう、上海の株式市場は2年以上も政府管理そのもの。

そんな調子で不動産市場も崩壊がせき止められています。
資本の移動が自由な西側世界の常識は通じません。
でも、いつかはごまかしきれなくなるのも自明です。
日本の平成バブルとは比べ物にならないスケールで
バブルのマグマが溜まっているのも事実。
どういう弾け方をするのかよくわかりませんが。

習君は我々が思っている以上に八方ふさがりではないでしょうか。
ナンバーツーの李克強君とは、今やあたりを憚らぬ犬猿の中。
なのに、失脚もさせられず、無力化もできないのは習君の
独裁体制がちっとも整っていない証拠ではないでしょうか。

また、北朝鮮を管轄する瀋陽軍区へも支配力が及んでいないご様子。
つまりは、正恩君に対する睨みは効いているようで効いていない。
そのことについて、国内の対立勢力からの突き上げもありそう。
だから習君は我々が考えているよりも苦境に立っている???

そこでうがった見方をすると「尖閣への上陸占領がありかも」なんて。
というのは、尖閣諸島を守っているのは海上保安庁の巡視艇。
あくまでも警察力の延長である軽微な武装しかありません。
中国が自前の海軍を出してくれば先制されるのは明らか。
一度は上陸と占領を許してしまうでしょう。

しかし、自衛隊とアメリカ海軍が協力して取り返すのも容易。
ただし、ここで米軍と中国軍が交戦すれば、それは世界大戦の危機。
そんなことはいくら何でもやらないはずです。
ただ、中国としては「尖閣から撤退するから、米軍も日本海から撤退せよ」
くらいの交渉材料には使える、なんて考えるかもしれません。
何と言っても、連中の常識は西側とはちょっと違います。

今年の秋には中国共産党の党大会が開かれます。
そこで習君は自分の子飼いの太子党を何人入れられるかが勝負。
それがためには、対外的に軟弱な政策は採れません。
北朝鮮問題でも、そうそうアメリカには妥協できないのです。


5月13日 (土)榊淳司の不動産売却&投資ご相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:5月13日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

5月13日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回のご参加も5名様で、
一部の方に待ち時間が多少ございました。
ここ3回ほどは5名様のご参加で安定しています。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ



2017/4/25 15:34 | ちょっと脱線 | Comments (2)

4月24日13:10 に「榊淳司マンション情報131号 川崎市の3物件」

を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、4月に入って6回目の配信でした。
次回は近日中に神奈川の大規模マンションの予定です。

ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ



2017/4/24 13:17 | メルマガ発信 | Comments (0)

もう25年くらいも前のことでしょうか。
私はマンション広告を制作するプロダクションを経営していました。
社員には給料を払い、家族には給料を持って帰らねばなりません。
仕事があれば何でも請け負っていました。贅沢は言えませんから。

当時、今ほどパソコンが使われていませんでした。
広告デザイン案は、たいていがモノクロの手作り。
建物のパースなどをコピー機で拡大したり縮小したりして、
デザイナーが切り取って手で張り付けていくのです。
それで折り込みチラシのデザイン案などを制作します。
今から思えば、何とも原始的ですね。
でも、それよりほかにやりようがなかったわけです。
まあ、それはいいとして。

とある大きなマンションデベへ打ち合わせに行った時のお話。
その会社は経営者の団体みたいなのが作ったとかで、
出資している企業が超一流どころばっかり。
「へえー、こんな不動産屋さんがあるのんかい」と思いました。
土地は、出資会社から回ってくるようなものが多かったですね。
だから「こんな土地、よく買えたねえ」という事業もチラホラ。

「これが次回のチラシ案です」と、デザイン案を見せます。
打ち合わせに出てきたのは40代以上のオッサンが3人ほど。
クリエイターである私の説明をろくに聞きもせず、
「パースが小さいな」というと、若い社員を呼びつけて
「120%に拡大してこい」と命じます。

私が目を丸くしているのを気にせず、
若い社員はコピーを取ってきました。
それを、そのオッサンははさみで切り取って私たちが出した
デザイン案の上に置いてみます。
「ちょっと大きすぎた。110%にしてくれ」
また若い社員がそれをもってコピー機へ。

デザイン案は、当然複数あります。
出てきたオッサンたち全員が、それぞれのデザイン案に対して
そういうことをやり始めたのです。
若い社員も含めて、その作業にかかわったのは5人くらい。
私や広告代理店の営業は、あぜんとしてその作業を見守ります。

私は背筋が寒くなりました。
「こ、こ、こいつら・・・ほんまもんのアホや!」
関西人というのは、日常的に「アホ」という言葉を連発します。
そこにはさして意味はありません。
しかし、ごくたまにほんまもんのアホが現れたりすると、
驚くというよりも、ビビります。正直、怖くなるのです。

まあ、不動産屋さんを相手にしていると、いろいろあります。
しかし、その出来事は本当にいつまでも忘れられませんね。
建物のパースが大きいとか、小さいとかはマジで枝葉末節。
それよりもデザインの中身や表現の方向性を検討するのが本筋。
それを40や50にもなる素人のオッサンがコピーとハサミで・・・
若い社員までコピー取りをやらされているのです。

あとで聞いた話ですが、そのオッサンたちは
出資企業からの出向者、あるいは転籍者だとか。
多分、いちばん使い物にならないオッサンを送り込んだのでしょう。
まま、よくある話です。不動産系子会社は吹き溜まりです。

そんなことをやっていて、会社が続くわけがないですよね。
さっき調べたら2003年に特別清算されていました。
つまりは、存続会社がない倒産・廃業。
あの正真正銘にアホなオッサンたちはどうしたのでしょう。
多分、生きていれば70歳くらいになっているはず。
2003年時点では、まだ現役だったでしょうね。

その会社の名前は「日本新都市開発」。
経済同友会系の名だたる大企業が出資していたと聞いています。
「ニューシティコーポレーション」という子会社は
2009年まで続きましたが、これもあえなく倒産。

しかし、あんなアホなオッサンたちでも高い給料を
もらっていたのだと思うと、日本という国はどこか変。
きっと、同じようなことは今でもどこかで起きているはず。
また、そんなオッサンたちから迷惑をこうむっている
若い社員や外注の業者さんも多いはず。

私は他人には比較的寛容な方だと思っています。
20何年も社員を雇っていましたが、怒鳴ったことがありません。
社員が何かをやらかしても、怒鳴ったからといって解決しません。
また、最終的にはその社員を採用した私の責任です。
自慢じゃありませんが、私の会社は同業他社に比べて
社員の定着率が異様によかったです。
まあ、それも遠い昔の話ですが。

私が許せないのは、前述の日本新都市開発みたいな会社で
白昼堂々とやっている、どう考えても不合理なこと。
本人が一人でやっている分には、まだ被害はひとり分。
それを他の社員を何人も巻き込んで、外注まで巻き込んで
恥ずかしげもなくやっていたことに腹が立ちます。
もちろん、オッサンたちは自分がいかにアホであるかに
まったく気が付いていなかったワケです。

広告チラシのデザイン案の打ち合わせなんて、
デベロッパー側だったら入社5年目くらいの
腕っこき担当者が15分で終わらせることができます。
それもひとりで十分です。
超一流の商社だったら、東大卒の1年生が一人でやっていました。
まあ、誰にでもできる業務ですよ。

どこの会社にも使えない社員はいます。
歳をとると生ゴミよりも厄介なアホオヤジになっています。
そういう社員をとっとと排除しないと、会社はつぶれます。
ところが、日本の法律ではそう簡単にクビにできません。
特に、大企業はやらないし、出来ない仕組みです。

トランプ君は「お前はクビだ」の名セリフで名を挙げたとか。
日本もアメリカみたいに社員をカンタンに
クビにできる制度を導入すべきだと思います。
すでに終身雇用は崩壊しているのですから、
今さら解雇の規制を緩めたところで大きな影響はないはず。
企業側も、カンタンにクビにできるのなら、
正社員の雇用を増やすと思いますよ。
日本の職場には、もっと緊張感が必要だと考えるのは
私だけではないと信じたいですね。

さて、資産価値レポートの更新情報です。
「神奈川の大規模マンション」を最新情報化しました。
今回、新規参入が6物件もありました。多い方です。
驚いたことに、6物件とも長谷工の施工。
そのうちの2物件は明解に長谷工プロジェクトですね。

今やスケールの大きなマンションは
長谷工コーポレーションの独壇場になってきましたね。
三井住友建設はチョンボ続きで大きく後退。
他のゼネコンは価格面で競争ができません。
しかし、果たしてこういう状態がいいのか悪いのか・・・

さらに、湘南の藤沢と辻堂近辺は供給過剰ですね。
今の勢いだと、今後2,3年はその状態が続きそう。
ちょっと怖い感じがしてきました。

神奈川の大規模マンション
価格 6,980

■ヴェレーナシティ パレ・ド・シエル、■エアヒルズ藤沢、■海老名ザ・レジデンス、■オハナ 町田オークコート、■オハナ 淵野辺ガーデニア、■オハナ相武台、■クラッシィハウス湘南藤沢、■グランドメゾン元住吉、■グレーシアシティ川崎大師河原、■ココテラス横濱戸塚ヒルトップ、■ザ・パークハウス オイコス 金沢文庫、■ザ・パークハウス 東戸塚レジデンス、■サンコリーヌタワー横須賀中央駅前、■シエリア湘南辻堂、■シティタワー武蔵小杉、■シティテラス横濱サウス ザ・ガーデン、 ■シティテラス横濱戸塚、■シティテラス横濱綱島、■シティテラス横濱仲町台弐番館、■シティテラス横濱長津田、■シティテラス横濱和田町、■シティテラス川崎鈴木町グランドシーズンズ、■シティテラス大和、■シティテラス藤沢鵠沼エアーズコート・ブリーズコート、 ■ドレッセ中央林間、■パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト、パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト、■ファインシティ横浜江ヶ崎ルネ、■プラウドシティ宮崎台、■ブランズ横浜、■BLUE HARBOR TOWER みなとみらい、■プレミスト湘南辻堂、■(仮)横浜北仲タワープロジェクト、■レストプライムレジデンス


5月13日 (土)榊淳司の不動産売却&投資ご相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:5月13日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

5月13日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回のご参加も5名様で、
一部の方に待ち時間が多少ございました。
ここ3回ほどは5名様のご参加で安定しています。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ




4月22日12:02 に「榊淳司マンション情報130号 中野区・板橋区の3物件」

を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、4月に入って5
回目の配信でした。
次回は近日中に川崎市の予定です。

ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ



2017/4/22 12:05 | メルマガ発信 | Comments (0)