マンションレポート最新情報 【全て見る

J.GRAN THE HONOR 下鴨糺の杜、 ジオ京都御池油小路ザ・テラス、ザ・パークハウス 三条油小路の資産価値は? 榊淳司の資産価値レ…続きを読む

価格4,790円

シティタワー所沢クラッシィ、 ルピアグランデ浦和美園の資産価値は? プラウドタワー川口、 SHINTO CITY(シントシティ)は? 榊淳司…続きを読む

価格2,890円

MID TOWER GRAND、 パークコート文京小石川 ザ タワー、 ローレルタワー ルネ浜松町、 プラウドタワー武蔵小金井クロス他 榊淳…続きを読む

価格3,190円

パークコート渋谷 ザ タワー 、 パークコート文京小石川 ザ タワー、 MID TOWER GRAND、 シティタワー大井町の資産価値は? …続きを読む

価格11,800円

津田沼プレミアタワープロジェクト、 幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス、スカイグランドタワー、 ソライエ流山おおたかの森、 シティテ…続きを読む

価格3,190円

ブリリアシティ三鷹、 プラウドシティ武蔵野三鷹の資産価値は? ザ・パークハウス 国分寺四季の森、 ファインシティ王子神谷リバー&フォレスト…続きを読む

価格7,190円

シティテラス金町、 イニシア青砥、 ソライエ葛飾小菅、 シティテラス金町の未来価値は? 榊淳司の資産価値レポート049 葛飾区・総集編 【2…続きを読む

価格2,490円

オークプレイス小岩は買いか? プレシス小岩駅前、 サンリヤン小岩レジデンスは? 榊淳司の資産価値レポート036 小岩・新小岩・平井 全6物件…続きを読む

価格2,390円

TOKYO ALOHA PROJECTが販売中。 ルピアコート西葛西、 バウス西葛西清新町、 プレサンス ロジェ 西葛西の資産価値は? 榊淳…続きを読む

価格3,190円

リビオレゾン上野、 ルフォン蔵前ザ・レジデンスは買いか? ブラントン蔵前、 シエリア秋葉原は? 榊淳司の資産価値レポート041 台東区・総集…続きを読む

価格5,690円
榊 淳司オフィシャルブログ

私は生まれが貧乏で性格も貧乏性。
だからコメントや原稿を掲載した雑誌が送られてくると
ぜーんぶの記事に目を通します。でも、自分じゃ買わない。
たまーに経済誌が不動産特集をやって、自分がなんも
協力していない時には送られてこないから、買う。

私が雑誌からコメントや原稿の執筆を求められるときの
テーマはだいたいが不動産市場の暴落や下落、
タワーマンションへの否定的見解、マンションの廃墟化、
買ってはいけないエリアとしての湾岸・・・とか、
おおよそのベクトルは決まっているのですよ(笑)。
だから週刊ポストとか週刊現代がけっこう多いですね。

この両方の編集部に知り合いがいますが、みな優秀ですよ。
それに、知性と教養のあるお方たちの多いこと。
イメージが違うでしょ。でも、そうなのですよ。
彼らが大衆のジジイ目線であの2誌を作っています。
もちろん、私は嫌いではありません。他に文春も新潮も好きです。
SPA!なんて毎回感心しますよ。あれはちょっと思いつかない。

世間ではよく「週刊誌なんて・・」みたいな上から目線で
ああいった雑誌を蔑みますね。何ともアホみたいな視点。
自分にとって都合の悪い記事を書かれたときに、
臆面もなくそういう発言をなさっている方がいます。

そういう場面を見ると、見ている方も少しばかり
恥ずかしくなりますね。だってそのお方は人前で堂々と
「私はアタマのかたいおバカな人間でございます」と
明言しているのと同じだからです。
「あーあ、かわいそうになあ」と思います。

人間というのは、なかなか自分のことを客観視できません。
まあ、普通の社会で暮らしている人は、それでも概ねOK。
しかし作家やジャーナリストは常に物事を客観的に
見ることができなければいけません。その訓練をしていると
いつしか自分のこともある程度は客観視できます。
まあ、人によっての個人差はありますが。

自分を客観視するということは、ある意味辛いことです。
自分の欠点や欠陥もわりあい正確に
理解してしまうことでもありますから。
誰しも、自分をバカやブスとは認めたくありませんね。
チビやデブやハゲは仕方ないけれども、その場合には
何かしらの言い訳を用意したがるものです。
どれだけ言い訳を用意してもバカ、ブス、チビ、デブ、ハゲ
であることには違いはありません。それが客観視。

世の中にはキレイごとを平気で言う人がいます。
「不動産業界の未来のために」くらいなら可愛いものですが、
「人類の未来のために」とか「子供たちに平和な日本」を
なんてフレーズを聞くと、私はうんざりしてしまいます。

そういうのって、ほぼウソでしょ。本人がウソでないと
思って発言しているのなら、それこそ
「私は本当のバカでございます」と明言しているようなもの。
でも、たいていの場合、本人もウソだと分っていっています。

その場合はどうなるのか。実はその方がたちが悪いのです。
「私は平気でウソを言える人間でございます」と
明言しているようなものだからです。
キレイゴトはほぼウソ。それを言う人間はバカか嘘つき。
これは平凡ながら真実なのです。

人間には少なからず煩悩というものがあります。
それがない人間なんていません。だから100%のキレイごと
なんてないのです。現実は煩悩に支配されています。
お釈迦さまはそこから抜け出すためにもがき苦しんだのです。
まあ、それはいいのですが。

実のところ、私も油断するとキレイごとを言っていたりします。
まあ、キレイごとは言いやすいですね。でも、それはウソ。
キレイごとを並べる政治家は、いかにも嘘つきっぽいでしょ。
1年半ほど前に東京都知事のオバハンが
「築地は守る、豊洲は生かす」と言った時にわかったでしょ。
「うわー、こいつウソついている」 都民の反応は冷ややかでした。
あれは実にわかりやすいキレイごとでしたね。
小池オバサンの人気が一気に消失しました。

オバサン、なぜああいった分りやすい嘘をついたのでしょう。
多分、「築地は守る、豊洲は生かす」と言ったら語感がいいので
世間はうまく騙されると思ったのではないでしょうか。
ところが、世間はそこまでバカではありませんでした。

私は社会人になって以来、言葉を操ることが職業です。
それはカンタンなようで実に難しいことだと思います。
我々文筆家と同様、政治家も言葉を操る職業。
だからこそ、言葉の使い方には気を配るべきです。

中でも、キレイごとと正面からの「正義」には要注意。
そのほとんどが嘘であるからです。
例えば、日本共産党の主張はほとんどキレイごとと
真正面からの「正義」です。でも見るからに嘘くさいですね。
だから常に少数の賛成・賛同しか得られません。
数ある新興宗教もみーんなそう。キレイごとです。

人間には本能的なカンというものがあります。
そのカンは、キレイごとや正義を振りかざす言葉を聞くと
本能的に「ウソちゃうの」と身構えてしまいます。
だからキレイごとばかり並べる輩は、信用されないのです。
しかし、東京都の国立市や大阪府の豊中市には
キレイごとに騙されるアホな国民が一定数います(笑)。
それが全国的に広がると、この国は滅びます。

ユーチューブでの配信が続いています。
このシリーズ、これで何本目やろ?
昨日も10本分以上、新たな動画を撮影していただきました。
撮影はのべ2時間以上。さすがに疲れましたわ。

12月1日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:12月1日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室(以前の4階から2階へ変更になりました)
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

12月1日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は1組様。
待ち時間はございませんでした。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ



2018/11/18 0:05 | ちょっと脱線 | Comments (0)

13日と14日、高知県を旅してきました。
懇意にさせていただいている不動産屋さんの社員旅行。
私はゲストとして同行させていただいたのです。
私の役目は坂本龍馬館を見た後で、10分くらいの講釈。
まあ、知識はバスガイドさんの方が詳しかったですね。
明治維新は薩長土肥と言われていますが、
なぜ土佐が三番目なのかについてお話しました。

さてさて、夜はいつもの通り大宴会。そして二次会。
地元のコンパニオンさんもお呼びいただいていました。
「高知弁、喋れる?」と聞くと、「サワ弁やったら」。
私は京都弁訛の下手くそな土佐弁で話しました。

ちょっと可愛らしいコンパニオンさんに言いました。
「おまんちー可愛ければ東京でもキャバ嬢で稼げるがぜよ」
「いやあ、東京は怖いけんねえ・・・」
そのコンパニさん、昼間は医療機関で働いているとか。
彼女のお仲間のコンパニさんはさらに器量よしでした。

「二人で東京へ来たら怖いこともないがぜよ」
なーんて話をしているうちに、だんだん打ち解けました。
私は若い頃に新宿歌舞伎町にウン千万円の授業料を
落としたので、彼女たちとの会話はいたってスムーズです(笑)。

そこで分かったことは、彼女と器量よしのお友だちは
ともに25歳。ただし、子持ち。彼女は3人、お友だちは2人。
どちらも亭主が働かないで苦労しているとか。
スマホで子どもの写真を見せてもらいました。まあ、かわいい。

そのお姉さんはは19歳で最初の子を産み、
今は6歳,3歳,1歳だとか。子ども自慢を聞きました。
まあ、それではおいそれとは東京に行けませんね。
器量よしのお友だちも2歳ともう一人いるとか。
二人とも東京だったらパッと見は普通のギャルですよ。
絶対に子どもがいるとは見えない風貌ですわ。

いや、東京と地方の違いを感じましたね。
その子の亭主は日当9千円の仕事を見つけてきて喜ぶとか。
私はカラオケに興じている不動産屋さんたちを指して
「あのオッサンらの何人かは時給が1万円やで」
というと、彼女はちょっと悲しそうにうなずきました。
そういうことはよく分かっているのですね。

東京では、男が40歳を過ぎると年収が1千万円超で普通。
それ未満だと安サラリーマンに分類されてしまいます。
年収1千万円というと時給換算で5千円です。
時給1万円で年収2千万円。やっと「人らしい」収入です。
高知県の端っこの方では、一日働いて9千円。
この格差は何なのでしょうね。ビール一缶の値段は一緒なのに。

新潟県の一隅でリサイクルショップを経営なさっているお方と
2年ほど前にバリ島旅行をご一緒したことがあります。
その方の地元では月収20万円を稼ぐのも大変だとか。
かといって、東京にやってきても時給は千円程度(当時)。
アパート代を払えば暮らしはカツカツですね。
まあ、私も30年前は似たようなものでした。

誰かに雇われている間は、さして稼げないのが今の日本。
かといって、自営に転じてそれなりにやっていける才覚は、
10人に一人も持ち合わせていないでしょう。
だから学歴がぱっとしない人や能力に自信のない人は
サラリーマンをやっているのがいちばん。
でも、サラリーマンは現代の奴隷です。言い方が違うだけ。

時々、「サラリーマンでも自分らしく生きられる」的な
ことを主張する議論を見かけますが、「アホちゃうか」。
それは勤務医とか事務所所属の弁護士とかパイロットは
サラリーマンであっても高い専門技能を持っています。
どこに行っても食える人たちです。奴隷にあらず。

しかし、それ以外のサラリーマンは基本的に奴隷です。
まあ、今の奴隷は主人を選ぶ自由があるだけ。
ただし、主人の方も誰を奴隷にするか選べます。それが雇用制度。
貧乏に育って、身も心も自由になるには自営しかありません。

田舎に生まれれば、都会に移動した方が自由になる
可能性が高まると思います。だから私の話相手に
なってくれたコンパニのお姉さんも、子どもを産む前に
東京なり大阪なりにやってきていれば、違う人生です。
まあ、あの可愛らしい子ども達を産めたかどうかは知りませんが。

しかし、現実はかなり厳しいですね。
日本は一段と格差社会になっているように思えます。
これって、よくありません。社会を不健全に導きます。
あのコンパニのお姉さんの子どもたちも、
本人が望み、それにふさわしい頭脳を持っていれば、
きちんと大学教育が受けられる社会になるべきです。
このままではきっと、一生が奴隷の運命ですね。

私が世間を眺めている限り、子どもの人生の大半は
親によって決まります。何よりも遺伝子の役割が大きいですね。
さらに言えば、経済力。教育を受けられるか否か。
そして、親自体の人間力。性格や知性と教養、発想、生き方。
コミュニケーション能力もだいたいが先天的なものです。
嘘つきはたいてい、生まれながらに嘘つき。
サイコパスが遺伝から来ているようなものです。

あのコンパニのお姉さんのかわいらしい子どもたちは
いったいどういう人生を送るのだろうと考えると・・・
まあ、私にはほとんど関係のないことなのですが、
今の日本社会の現実を見てしまった高知旅行でした。
坂本龍馬よりもそこか、お前は! と聞こえてきそう(笑)。

ユーチューブでの配信が続いています。
このシリーズ、これで何本目やろ?
昨日も10本分以上、新たな動画を撮影していただきました。
撮影はのべ2時間以上。さすがに疲れましたわ。

12月1日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:12月1日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室(以前の4階から2階へ変更になりました)
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

12月1日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は1組様。
待ち時間はございませんでした。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ




11月16日14:45にに「榊淳司マンション情報272号 東京のタワーマンションから2物件」
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、11月に入って6回目の配信でした。
次回は東京の大規模マンションあたりの予定です。
ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。※送信は月単位ではなく、手続き完了以後のものからとなります。お申し込み手続き完了時点より遡っての配信は致しておりませんのご注意ください。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」


購読料 1ヵ月 1,590円

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ



2018/11/16 14:47 | メルマガ発信 | Comments (0)

私の職業は多分、文筆業に分類されるはずです。
文章を書いて、そこからお金をもらっています。
日本橋小網町のふるーいマンションにお部屋を借りて
事務所にしています。毎日ここに来ています。

その事務所にやってきて、まずは昼飯を食います。
ビール系飲料も二缶ほど飲みます。
いい気分になったところで原稿を書き始めます。
時々サボりながら、夜の19時ころまで書きます。
まあ、一日の実働は4時間か5時間ですね。
基本的に、土日も事務所にやってきます。
土日の稼働は一日3時間くらいでしょうか。

その間、意味のあるメールどころか、電話さえ
かかってこないことがあります。シーン。
私はひたすらパチパチとキーボードを叩きます。
なんと平穏な一日でしょう。
自宅に帰って晩飯を食って、お酒を飲んで寝ます。
次の日、起きてまた事務所にやってきます。

月に数回、メディアの方が取材や撮影にやってきます。
有料相談の方もお見えになります。
でもまあ、合わせて5回もあるでしょうか。
メディアのお招きで食事をするのも月に2,3回。
その他、ひとつきに4回ほど、現地調査に行きます。
新築マンションが建設されている現地を見て回るのです。
それで、資産価値レポートを最新情報に更新しています。

資産価値レポートのカヴァー範囲は東京23区全部と
川崎市のほとんど、さいたま市浦和区、大阪市内、
京都市、その他大規模に限っては大阪府、千葉県、埼玉県、
神奈川県の全域ですね。郊外の大規模マンションに関しては
現地調査をしていません。必要性を感じませんから。
まあ、それはいいとして。

だから丸一日、家族以外の人と話さないことがあります。
ずうっと、事務所でパチパチ、パチパチ。
なんとも平和で平穏な時間ですね。けっこう好きです。
電話さえ一本もかかってこない日もありますよ。
「ワシ、世間から忘れられたんやろか」なんて考えていると
ルルルルと電話が鳴って、取ると「週刊・・の・・と申します」。

人間には「承認欲求」というめんどくさい感情があります。
私にも多少あるのですが、近頃はまったく自覚なし。
私が求める以上に世間が私を承認しているようです(笑)。
しかし、自分が正当に「承認されていない」と考える人の
言動行動を見ているとうんざりしますね。近寄りたくない。

まあ、自己アピールを過度になさる分には
「うるさい奴やなー」、と眺めているだけで済みますが、
めんどくさいのは承認欲求が捻じ曲がっているお方。
自分を認めさせようと別の方向からの誘導とか、
気に入らない人間への蔑みや貶めの言動行動。

私は庶民の生まれですが、可能な限り品よく生きたいと
日々の時間を過ごしています。だから人さまの悪口は
極力言わないようにしています。このブログも然り。
名前を出しての批判は高位の公人に限っています。
最低ランクで東京都知事か国会議員でしょうか。

大手の不動産会社は遠慮なく批判します。あたり前。
それができないのならジャーナリストは名乗れません。
しかしまあ、世の中にはジャーナリストとか評論家を
名乗りながら大企業のお先棒ばかり担いでいる輩も
たくさんいるので、見ていてうんざりしますね。
まあ、彼らは食うためにやっているのでしょうが。

つくづく思うのは、私という人間は特殊ですね。
世間的な承認欲求の埒外にいます。それは自覚。
なぜこうなったのかよく分かりません。
「他の人と同じでありたい」という感覚が
露ほどもないのです。また「同じ考えの人と交わりたい」
なんて感覚もありません。常に孤独で満足。
だいたい、同じ考えの人なんていません(笑)。

むしろ、自分と同じ感覚や感性を持った人間が現れたら、
それこそ脅威を感じるかもしれません。
たまさか、これまでの人生そういうことは
ありませんでした。よかった!

人間というのは裸で生まれて、最後は一人で死にます。
結局は孤独な生き物なのです。それが真実です。
家族も、仲間も、友人も、仮のモノです。
何か意味があるすれば、それは遺伝子のつながり。
肉親と子どもでしょうか。それでも肉体も心も別個です。
だから親子でも憎み合ったり殺し合ったりします。
それは残酷なまでの真実です。人間は孤独。

27歳でサラリーマンをやめて自分の会社を作った時に、
人間は所詮孤独なのだ、という真実を知りました。
なぜなら、社員と社長というのは基本的に立場が違います。
日曜日に放送される「下町ロケット」は楽しく観ていますよ。
でも、ああいうのは所詮つくりもの。

人は所詮孤独なもの。その孤独とどう向き合うか。
それが生き方を左右すると思います。
孤独に耐えられない人間ほど承認欲求を強めます。
その姿は、決して品が良いものではありません。

ユーチューブでの配信が続いています。
このシリーズ、これで何本目やろ?

12月1日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:12月1日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室(以前の4階から2階へ変更になりました)
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

12月1日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は1組様。
待ち時間はございませんでした。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ



2018/11/14 0:01 | ちょっと脱線 | Comments (0)

「米中対決」という図式は、どうやら定まったようです。
私が気になっているのが、これが冷戦で終わるか熱戦になるか。
その昔、米ソ冷戦というのがありました。本格的な
熱戦にはなりませんでしたが、航空機が撃墜されたりしました。

この米中冷戦が始まった時、私はまさか熱戦にはなるまい、
と考えていました。でも、分かりませんね。
アメリカは南シナ海や台湾海峡に艦船を派遣しています。
「お前らの好きにはさせないぞ」というポーズ。

これに対して中国側も駆逐艦を41メートルまで接近させるなど、
「お前らの言う通りにはならへんで」という対決姿勢。
尖閣諸島の場合は双方の警察船艇での対立ですが、
南シナ海は海軍同士。ちょっと怖いですね。

目に見えるところだけではなく、サイバーの世界では
中国がかなり大胆な戦争を仕掛けているようです。
しかし、アメリカ側は防戦に徹している模様。
ただ、本気でやればアメリカが圧勝すると見られます。

中国はまさに「虎の尾を踏んだ」のです。
現状でアメリカの力は圧倒的です。
アメリカに逆らっては、地球上でまともには存在しえません。
かつてアメリカに逆らったキューバがどうなったのか?
ベネズエラがどういう状況に追い込まれたのか?
北朝鮮の行く末がどうなってしまうのか?
イラクのサダムフセインがどのような最期を遂げたか?
思い出しましょうね。

この米中対立という図式は「トランプが大統領だから」
と考える向きもありますが、それは間違っています。
この前終わったアメリカの中間選挙で、民主党は
トランプの対中政策をほとんど批判しませんでした。
米中対決、中国抑え込み、共産党政権崩壊・・・
それは党派を超えたアメリカの総意なのです。
こういうことを日本のサヨク人士は多分理解できないでしょうね。

アメリカの対中政策変更には世界が気づいています。
特に英語諸国(英国、カナダ、NZ)は同調の気配ですね。
ユーロの主要国であるフランスやドイツも、
対中外交は慎重になり始めました。空気を読んでいます。

中国が推し進めてきた一帯一路政策に対しては
マレーシアやパキスタン、インドネシア、ビルマなどの
東南アジア諸国が計画の縮小など慎重になっています。
まさに、世界の空気が「対中警戒」に変わっています。
だから中国は日本に対して秋波を送ってきています。
何とも現金な連中ではありませんか。

思えば、1989年の天安門事件で中国が世界から
総スカンを食って居た時に、天皇陛下の訪中などで
救いの手を差し伸べたのは日本。アホなことしました。
その恩を仇で返しているのが今の中国。
中国や韓国という国には、普通の倫理観が期待できません。

しかし、あの一帯一路というのは理解しがたいですね。
中国と欧州をつなぐ拠点に、中国の勢力を植え付ける計画。
「なんでそんなことせなあかんの」と思います。
中国の息のかかった拠点を築かなくても、世界が平和で
ありさえすれば欧州と東アジアの物流は安全です。
時々アデン海に海賊が出たりしましたが、それは国際協調で
海軍艦艇を派遣し合って解決してきました。
わざわざ自国の拠点を持つ必要が何処にあるのか?

また、アメリカと軍事的な敵対関係になってしまえば
自国の勢力圏であっても制海権や制空権がなければ機能しません。
結局、アメリカよりも強力な海軍と空軍と宇宙軍が
あってこそ、拠点を守れるのです。
それは第二次世界大戦の日米の戦いで証明済み。

中国はいったい何を考えているのでしょうね。
ものすごーく19世紀的な発想で植民地を得ようとしています。
それで、世界中から警戒の目で見られているので。
なんかとっても割に合わないことをしています。

日本はWW2に負けてフルボッコのフルボッコに
されましたが、その後貿易国として経済発展。
すべての植民地を失い、日本以外のどこにも拠点が
ありませんが、貿易での物流に支障があったことは
ほとんどありません。つまり、拠点など不要。

そんなことよりもサヨク人士の大好きなフレーズである
「世界の平和に貢献」していれば、日本の船が
海外で襲われたり不法に停められることはありません。
中国にとっても、それは同じこと。
でも、なぜ彼らは欧州への道筋に拠点を欲しがるのか。

それは、いつか誰かが(多分アメリカ)が自分たちの
貿易の物流を邪魔するかもしれないと考えているから。
なぜそう考えるかというと「やましさ」があるからですね。
何にやましいかというと、自分たちの政治体制でしょう。

まず、破綻している共産主義が表看板。これはいけません。
次に無辜のウイグル人やチベット人を殺しまくっている。
漢民族でも共産党に文句をいう奴は容赦なく殺しています。
そういうやましさが不安を招き、防備を固めようとするのです。

日本はアメリカと戦争をしてフルボッコにされた経験から、
今の中国人の対米対決姿勢は「アホかいな」と思えます。
77年前の日本は別にやましいところはありませんでした。
単にアメリカが欧州での戦争に参加したいから、
日本に戦争を仕掛けさせただけのことです。

まあしかし、米中対決は日に日に深まっています。
その内、英語諸国から中国の人と資産の逃避があるかもしれません。
その時には中国人の日本不動産爆買いが再燃する可能性すらあります。
私はかねがね日本から中国人資産が逃げ出すのではないかと
考えてきましたが、予想もしなかった米中対決により
その逆の現象が起こり得る素地ができました。
まあ、世の中何が起こるか分かりませんね。

ユーチューブでの配信が続いています。
このシリーズ、これで何本目やろ?

12月1日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:12月1日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室(以前の4階から2階へ変更になりました)
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

12月1日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は1組様。
待ち時間はございませんでした。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ