マンションレポート最新情報 【全て見る

アクアブリーズ川崎が新登場。 ザ・タワー横浜北仲、 ザ・パークハウス オイコス 金沢文庫、 ドレッセWISEたまプラーザの資産価値は? 榊淳…続きを読む

価格6,490円

プラウド宮崎台フロントは買いか? オーベル鷺沼マスターレジデンス、 プラウドシティ宮崎台、 ザ・パークハウス 宮前平、 ブリリア鷺沼一丁…続きを読む

価格3,690円

シティタワー武蔵小杉、 グランドメゾン元住吉、 シティハウス武蔵小杉ガーデン、 パークシティ武蔵小杉GTEWの資産価値は? 武蔵小杉-日…続きを読む

価格2,690円

シティテラス川崎鈴木町 グランドシーズンズの資産価値は? レーベン川崎京町、 レーベン川崎小田1丁目は? 榊淳司の資産価値レポート0…続きを読む

価格1,790円

Brillia City石神井台、 パークホームズ吉祥寺北グランヴィラは買いか? ブランズ練馬、リビオ氷川台の資産価値は? 練馬区・総集編 …続きを読む

価格4,190円

ブリリア大山 Park Front、 オーベル板橋本町、ソライエ成増、 グランスイート下赤塚は買ってもいいか? 板橋区・総集編 全10物件を…続きを読む

価格3,690円

グランドメゾン江古田の杜の20年後は? プラウド上鷺宮、ピアース中野坂上、 レジデンシャル東中野、 アトラス中野南台は? 中野区・総集編 全…続きを読む

価格4,390円

ザ・パークハウス 山吹神楽坂、 ライオンズ早稲田ミレスは? ジオ四谷荒木、 シティハウス四谷坂町、 ウエリス新宿早稲田の森は? 新宿区総集編…続きを読む

価格5,980円

パークシティ武蔵小山ザタワー、 ブリリア 品川 Canal Side、 アトラス品川中延、 ブリリア品川戸越 Parksの資産価値は? 品川…続きを読む

価格7,190円

ザ・マジェスティコート目黒はどうなる? シティハウス目黒ザ・ツイン、 シティハウス中目黒のレジデンス&テラス、 シティタワー目黒の資産価…続きを読む

価格3,190円
榊 淳司オフィシャルブログ

10月17日17:10に「榊淳司マンション情報175号 新宿区の4物件」
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、10月に入って3回目の配信でした。
次回は近日中に中野区の予定です。

ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

高円寺の眺望邸宅、販売中

 

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ



2017/10/17 17:10 | メルマガ発信 | Comments (0)

10月14日に送信した「榊淳司マンション情報174号 世田谷区の2物件」が
届いていないとのご指摘を何名かの方からいただきました。
大変申し訳ございません。
以下の様に、全員に再送させていただきました。
ご確認いただければ幸いです。

10月17日16:49に「榊淳司マンション情報174号 世田谷区の2物件」
を再送しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、10月に入って2回目の配信でした。
次回は近日中に新宿区の予定です。

ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

高円寺の眺望邸宅、販売中

 

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ



2017/10/17 17:06 | メルマガ発信 | Comments (0)

選挙報道の陰に隠れて地味な扱いですが、
神戸製鋼のデータ偽装事件は日本国にとって
かなり由々しき問題であると考えているのは私だけ?
仮にマンションの鋼材にも神鋼製品が使われていたら
そんなもの、大パニックになるかもしれません。
でもご心配なく。必ずや国交省が出てきて
次のような発表を行うはずです。

「個々の製品には基準を満たしていないものはあるが、それによって即座に既存のマンションの耐震性に影響するものではない」

国交省の本音に翻訳すると、こうなります。
「細かいことをガタガタゆわんでええ。お前らの安普請マンションは潰れるときには潰れるさかい心配してもしゃーないやろ」

まあ、そういうことよりも問題は日本の「ものづくり」。
もう最近はすっかり信頼が揺らいでいますね。
三菱重工のMRJといい、タカタといい、日産といい、
東洋ゴムといい、旭化成建材といい・・・
どいつもこいつも確信犯でインチキやっていませんか?
そいでもって、内部告発でバレてやんの。カッコワルイ!

私は、この原因の多くが大企業病にあると考えています。
つまりは、仕事の進め方が官僚的になって、
誰もが責任を取らないスキームが確立されているのです。
そうなると、目の前の不正を糺そうなどという
「波風を立てる」ようなことは誰もが考えなくなります。

取りあえずやり過ごして、自分がその部署から離れればOK、
みたいな仕事のやり方になってしまうのですよ。
そういういい加減なことをやりながら、外部に向かっては
「俺様は大企業の社員だ」みたいにエバります。

日本というのは「サラリーマンの国」になってから、
随分とつまらなく、矮小になってものだと思います。
そのサラリーマンの中でも東芝とか三菱とか住友とか、
でっかい会社の社長にでもなったら、まるで自分たちは
一代貴族になったようにエラそうになさっています。

そういうのを見ていると、アホかいなと思わずにいられません。
だって、所詮彼らは「サラリーマン」という世界での出世頭。
孫正義や三木谷浩史や柳井正や、あのホリエモンとでさえ、
比べるべくもないつまらない存在ではありませんか。
それをまわりはまるで高貴な人間の様に扱っていて、
本人もそのように勘違いしているケースがほとんど。

そういうつまらない人間の候補たちがくだらない出世競争を
繰り広げているのがあのクラスの大企業なのですよ。
とくにイエスマンや茶坊主みたいな連中の存在が、
そういった体質が蔓延ることに寄与しているはずです。

あるいは、「何があっても会社を辞めたくない」的な人間。
そういうタイプが多ければ多いほど、
その会社は大企業病に陥りやすくなります。
その昔は、団塊の世代にそういうタイプが多かったですね。

最近のサラリーマンを見ていると、バブル採用組は
半ば世間を舐めていますから「いつでも辞めてやるぜ」な
スタンスの人が多いように思えます。
ところが、その後の就職氷河期組は2極化しています。
1997年に銀行や証券大手が潰れて、1998年から数年の
就職活動は稀に見る氷河期でした。
今の42歳から30歳代の後半の方々でしょうか。
彼らの内、起業志向の人はとうの昔に会社を辞めています。
あとは「しがみつき組」ですね。もっともつまらない連中。

その後の2008年、2009年に就活した世代。
今の32歳から20台後半ですか。この世代も大変です。
でも、この世代は見ていると何となく頼もしい感じ。
「甘え」がないように思えますね。
生まれた時から日本は「失われた20年」でしたから。

私の世代は現役最後の「バブル経験組」にあたります。
呼び方としては「新人類」でした。清原君と同世代。
まあ、どちらかと言えば「しがみつき型」の
サラリーマンが多いような気がします。
まあ、終身雇用と年功序列の神話を信じた最後の世代。

今の日本、大企業はほとんどがサラリーマン会社。
サラリーマン会社になって何世代も経過すると、
そこは次第にお役所の様になってしまうのですよ。
馴れ合い、もたれ合い、なすり合い、なあなあ・・・

「サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ」と書いた
青島幸男は放送作家になってからも「食えない」未来を
想定して、美容師の学校に通ったこともあるそうです。
あのフレーズが青島君の皮肉だったのか、ただの世情だったのか。
日本は本当にサラリーマンの国になってしまいました。

私の回りを見渡しても「サラリーマンの子ども」以外は
かなりの少数派ですね。でも、サラリーマン家庭に
育った以外のタイプの方が相対的に人間は個性的ですね。
だって、サラリーマンの処世の第一は「自分を殺す」ことでしょ。
そういう父親を持った子どもは父の背中を見ていますからね。

日本のサラリーマン化は、ある意味で日本の劣化です。
なぜなら、サラリーマンの代わりなんていくらでも作れます。
サラリーマン化が進んだから、企業の不祥事も増えるのです。
まあ、能力のない人は仕方がありません。

しかし、男子たるもの多少の志を持っているのなら「鶏口牛後」。
サラリーマンはつまらない上司に仕えねばならぬ確率が大です。
なぜなら、自分よりも長くサラリーマンをしている人間は、
自分並みかそれ以上に「しがみつきタイプ」ですから。

さて、資産価値レポートの更新情報です。
神奈川県の大規模タイトルを最新情報化しました。
5物件完売して2物件新登場。
かつて供給過剰に苦しんだ川崎市川崎区は
今や業界KYのタカラレーベンと住友不動産だけ。
ところが幸区の多摩川河畔に長谷工プロジェクトが登場。
ちょっとだけ面白くなってきました

神奈川県の大規模マンション
価格 6,490

■アクアブリーズ川崎、■エアヒルズ藤沢、■海老名ザ・レジデンス、■オハナ 町田オークコート、■オハナ 淵野辺ガーデニア、■オハナ相武台、■クラッシィハウス湘南藤沢、■グランドメゾン元住吉、■グレーシアタワーズ海老名、■クレストプライムレジデンス、■ザ・タワー横浜北仲、■ザ・パークハウス オイコス 金沢文庫、■ザ・パークハウス 東戸塚レジデンス、■サンコリーヌタワー横須賀中央駅前、■シエリア湘南辻堂、■シティタワー武蔵小杉、■シティテラス横濱サウス ザ・ガーデン、■シティテラス横濱戸塚、■シティテラス横濱綱島、■シティテラス横濱仲町台弐番館、■シティテラス横濱長津田、■シティテラス川崎鈴木町グランドシーズンズ、■シティテラス藤沢鵠沼エアーズコート・ブリーズコート、■ドレッセWISEたまプラーザ、■ドレッセ中央林間、■ドレッセ横浜十日市場、■パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズイースト、パークシティ武蔵小杉 ザ ガーデン タワーズウエスト、■プラウドシティ宮崎台、■ブランズ横浜、■プレミスト湘南辻堂、■リーフィアタワー海老名アクロスコート

募集中の早稲田大学オープンカレッジの私の講座ですが、
すでに定員分が埋まったそうです。
今後のお申し込みについてはキャンセル待ちとなるようです。
あしからずご了承ください。

早稲田大学オープンカレッジ榊講座

自宅購入、不動産投資で失敗しないための
「マンション格差」の見極め方
業界経験30年超のマーケットウォッチャーが語る
マンション資産価値の真相

高円寺駅徒歩4分、資産価値安定の眺望住宅


10月28日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:10月28 日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

10月28日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は2組様。
待ち時間は全くございませんでしたが、
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ



2017/10/16 0:12 | ちょっと脱線 | Comments (6)

10月14日16:46に「榊淳司マンション情報174号 世田谷区の2物件」
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、10月に入って2回目の配信でした。
次回は近日中に新宿区の予定です。

ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

高円寺の眺望邸宅、販売中

 

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ



2017/10/14 16:49 | メルマガ発信 | Comments (2)

昨日だったかしら。中国は人民日報の取材を受けました。
正確には環球時報の記事になるようですね。
それで在日歴30年の編集長さんといろいろ話しました。
日本には中国人が100万人以上も住んでいるのですね。
知らなんだ、知らなんだ。

通勤の地下鉄に乗っていても、近くのスーパーを歩いていても
聞こえてくる声の大半は中国語ですよ。
まあ100万人くらい住んでいてもちっとも不思議ではありません。
むしろ、もっとたくさんいるのではないかと思うくらい。

中国の経済クラッシュが2年ほど前に話題になりました。
「チャイナリスク」なんてワードが流行りましたね。
しかし、現実にはクラッシュは起きていません。
数年前にはギリシア危機というのがありました。
結局、今はギリシア人が我慢を強いられているようです。

日本で起こった「平成バブルの崩壊」みたいなことが、
中国やギリシアなどで起こるのか、と思いましたが
実際は何となく回避されています。
今また、アメリカや中国では不動産バブルになっているとか。
実は先日、そんな記事を書いたような覚えがあります(笑)。

何度かこのブログで書いているように、今の中国は
資本主義の経済システムを政府の力で
どの程度制御できるかの壮大な実験を行っています。
資本主義というのは人間の欲望をある程度解放して、
そこから自由な経済活動を促して国全体の
お金の流れや生産活動を活性化させるのが基本のシステム。
政府の規制や制御はできるだけない方がいい、
というのがベースにある考え方なのです。

アメリカやイギリスといったアングロサクソン系の国では
こういった個人や私企業の経済活動に極力規制をかけず、
可能な限り自由にやらせようという考えが濃厚ですね。
これに対してフランスやドイツなどの大陸系の国では、
国がある程度規制を行って労働者の権利を保護すべき、
という考え方が強いように思えます。やや社会主義的。

日本はと言えば、かつては欧州の大陸系の制度でした。
終身雇用や年功序列がうまくいっている時代は
「世界で最も成功した共産主義国」と呼ばれました。
しかし、ここ20年ほどはアングロサクソン系の
「グローバリズム」の考えが広まってきました。
それが「格差社会」ということにもつながっています。
まあ、その話はまたの機会にして。

それで中国はというと、これまた独特の資本主義。
その目的は表向き経済を発展させるということなのですが、
これはあくまでも建前。中国にとって何よりも大切なのは
共産党の一党独裁を守ることです。
そして、共産党の幹部たちが甘い汁を吸えるように
経済を発展させよう、というのが資本主義導入の本当の狙い。
だから、彼らの経済政策もすべてそこに立脚しています。

資本主義というのは、経済を人間の欲望で動かしています。
人間の心や行動のモチベーションにはムラがあります。
つまり、必ずしもひとつの法則に基づいている
わけではありません。さらに言えば、行動は人それぞれ。

経済学という学問領域は、そういった資本主義人たちが
どのように経済活動を行うのかの法則をみつけようと、
この200年ほど試行錯誤を繰り返してきました。
そして、未だに大した成果を上げていません。
つまり「使える経済学理論はほとんどない」状況。
それでも毎年何人かはノーベル経済学賞を受賞しています(笑)。
まあ、それはいいとして。

ひとつ、割合説得力のある理屈は循環理論と呼ばれるもの。
カンタンに言えば、景気というのは好況と不況を繰り返す、
という至極当たり前の理屈ですね。
まあ、これを経済学の成果と言えるかどうかはやや疑問。
まあ、それも置いておいて。

中国は1980年代からこっち、経済は基本的に資本主義です。
つまりは、基本的に人間の欲望に任せています。
中国人と資本主義は基本的に相性がいいと思いますよ。
彼らはたちまちにして世界第2位の経済大国に成長。
世界経済史上、これほど短期に経済規模を何千倍まで
膨らませた例はないと思いますよ。
彼らこそ、資本主義システムの申し子です。
まあ、それも今日の本題ではないので。

前述の様に、資本主義は人間の欲望をエネルギーとしている
だけあって、ムラがありますね。好不況を繰り返します。
ところが、中国の場合には不況があってはならないのです。
なぜなら、共産党の政策には絶対に誤りがないのが建前。
不況は経済政策の失敗の結果と見做すことができます。

それでどうしたかというと、中国では不況になりそうになると、
共産党が主導して強烈な景気対策をやり続けたのです。
単純に言えば、市場にお金をジャブジャブと流し込んだのです。
その結果どうなったのか? みなさんよくご存じのバブルです。
バブルは頂点に達すると弾けるのが普通です。
ところが、中国では絶対にバブルを弾けさせることはできません。
バブルが弾けると民衆の不満が共産党に向かい、
彼らの一党独裁は根源から崩れてしまう、と恐れているのです。

まあ、そのあたりは日本人には理解しにくいところ。
私と同年代以上の方は1989年の天安門事件を覚えているはず。
あの時、実は中国共産党の一党独裁が崩れかけたのです。
今の共産党の幹部たちは、あの時の恐怖感を忘れていません。
だから、共産党政権の崩壊につながるようなことは
一切を許さないのですよ。民主派への弾圧はそれ。
まあ、この話も今日の本題ではないので。

それで、中国共産党はバブルが弾けそうになるたびに
強烈な景気対策を繰り出して、その崩壊を防ぎました。
その結果が今です。もう、バブルは膨らみに膨らんでいます。
北京の中心にある100㎡のマンションは3億円超だとか。
上海はもっと高いともいわれています。

しかし、中国の建築精度はかなり劣悪。
中国の築10年の状態は日本の築30年以上だと言われます。
築10年でボロボロ。下水が逆流したりするそうです。
そんなマンションでも3億円です。

日本のエコノミストの中には、日本の不動産価格は
北京や上海よりも安いからまだまだ上がる、
なーんて信じられないことをいう人がいます。
日本が安いのではなく、向こうが高すぎるのです。

さて、中国の経済は今後どうなるのか?
あるいはクラッシュはあるのか?
今までの経済学が積み重ねてきた様々なポンコツ理論では、
もうとっくにクラッシュしているはずですね。
それがクラッシュしないのは、今までのポンコツ理論が
適用できないことを共産党が行っているから。
だから「壮大な実験」なのですよ。

私は、共産党政権に「お金」がある限り今のように、
「バブル崩壊回避」の政策を続けるだろうと思います。
「お金」の中身は「外貨準備高」。つまりはドル。
中国はもの凄い貿易黒字国ですから、ドルはたくさん。
それを原資に、共産党が景気対策を行ってきました。

中国の外貨準備高は、多少減ったとはいえ3兆ドル。
これは使いでがありますよ。まだまだ大丈夫。
だから、中国のバブルはまだまだ膨らみます。
ただ、ここのところ外貨持ち出しは厳しく
制限されています。共産党が危機感を持っているのです。
ですから、以前の様に日本でマンションを爆買い
するようなことにはなりにくくなっています。
むしろ、不自由な外貨を得るために売却の動きが
目立ってくるはずです。

さて、資産価値レポートの更新情報です。
神奈川関係の3タイトルを最新情報化しました。
ところが、この3タイトルのエリアでは新規物件ゼロ。
それでいて、完売したものはほんの少し。
何とも市場に元気がなくなっていますね。
しかしながら、すべて旬の内容に改めました。

川崎市・宮前区
価格 3,690

■プラウドシティ宮崎台、■プラウド宮崎台フロント、■オーベル鷺沼マスターレジデンス、■ザ・パークハウス 宮前平、■クリオ鷺沼マスターテラス、■プレシス宮崎台、■マストレジデンス宮前平、■ディアスタ梶ヶ谷ヒルズ、■アビダスたまプラーザ、■Brillia (ブリリア)鷺沼一丁目、■クオス鷺沼 ザ ブライトコート

武蔵小杉―日吉、新川崎
価格 2,690

■シティタワー武蔵小杉、■ブリシア武蔵小杉 御殿町、■パークシティ武蔵小杉ザ ガーデン、■シティハウス武蔵小杉ガーデン、■クレストレジデンス新川崎、■グランドメゾン元住吉

川崎市川崎区
価格 1,790

■シティテラス川崎鈴木町グランドシーズンズ、■レーベン川崎小田1丁目、■レーベン川崎京町

募集中の早稲田大学オープンカレッジの私の講座ですが、
すでに定員分が埋まったそうです。
今後のお申し込みについてはキャンセル待ちとなるようです。
あしからずご了承ください。

早稲田大学オープンカレッジ榊講座

自宅購入、不動産投資で失敗しないための
「マンション格差」の見極め方
業界経験30年超のマーケットウォッチャーが語る
マンション資産価値の真相

高円寺駅徒歩4分、資産価値安定の眺望住宅


10月28日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:10月28 日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

10月28日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は2組様。
待ち時間は全くございませんでしたが、
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ



2017/10/13 15:40 | ちょっと脱線 | Comments (3)