マンションレポート最新情報 【全て見る

リビオ荻窪レジデンスが登場。 ティサージュ荻窪とセンチュリー荻窪、 シティテラス荻窪の資産価値は? 榊淳司の資産価値レポート015 杉並区・…続きを読む

価格5,490円

ザ・パークハウス恵比寿南、 シティタワー恵比寿の資産価値は? ブリリアタワー代々木公園、 THE SANMAISON 表参道、 シティハウス…続きを読む

価格7,190円

グランスイート千代田麹町, パークホームズ千代田淡路町が販売中。 シティタワー・ルフォン九段の杜, ザ・パークハウス五番町は? 榊淳司の資産…続きを読む

価格6,190円

パークコート乃木坂ザタワー, パークリュクス虎ノ門, ピアース赤坂, グランドヒルズ元麻布の価値は? 榊淳司の資産価値レポート021 港区・…続きを読む

価格9,980円

グランドヒルズ元麻布, ピアース南麻布, ジオグランデ元麻布, ロイヤルシーズン西麻布の資産価値は? 榊淳司の資産価値レポート005 麻布エ…続きを読む

価格3,190円

ジオ南青山, ロイヤルシーズン西麻布, パークコート青山 ザ タワー, ブランズ 六本木 飯倉片町資産価値は? 榊淳司の資産価値レポート01…続きを読む

価格2,980円

グランリビオ高輪三丁目は買いか? シティタワー白金、ピアース南麻布、 ザパークハウス白金二丁目タワーの資産価値は? 榊淳司の資産価値レポ…続きを読む

価格2,980円

パークリュクス虎ノ門、 ロイヤルシーズン赤坂、 サンウッド赤坂丹後町、 ピアース赤坂は? 榊淳司の資産価値レポート018 赤坂・虎ノ門 【2…続きを読む

価格2,590円

パークリュクス虎ノ門、 プラウド芝公園、 パークコート浜離宮ザタワー、 クレストプライムタワー芝の資産価値は? 榊淳司の資産価値レポート0…続きを読む

価格2,190円

(仮称)グランドメゾン内久宝寺町タワープロジェクト、 ザ・ファインタワー梅田豊崎、 ジオ福島野田 The Marks、 ブランズタワー梅田 …続きを読む

価格6,490円
榊 淳司オフィシャルブログ

結局、北の三男ブーは核兵器もICBMも諦めません。
それはアメリカがいかな制裁を行っても無理でしょ。
中国とロシアが原油や石油製品の供給をストップすれば話は別。
でも、その時は1941年の日本のように「一か八か」に
打って出るかもしれませんね。ソウルは火の海に。
1000万人くらいの人が死ぬでしょう。WWⅡ以来の惨劇。

トランプ君ははっきりと戦争をしたがっていませんね。
口では散々脅していますが、今のところ「口だけ番町」です。
結果的にはオバマ君と同じ。行動せず。
で、このままいくとどうなるのか?
三男ブーはICBMも核の小型化も仕上げるでしょう。
多分、ロシアが後ろで糸を引いていますから可能性十分。

それで、結局のところ北は立派な核保有国になります。
それでもって、次は日本を脅しにかかってくるでしょう。
その時、日本はどうなるのでしょうか?
それでも、サヨク連中は話し合いを主張するでしょう。
場合によっては「北を援助しろ」くらいは言いそうです。

そうなると、もう北の増長はとめられなくなります。
「あの時、トランプが斬首作戦をやっていてくれたら」
5年後くらいにそういうことになっているかもわかりません。
今さらですが1993年にやっておけばよかったのですよ。
あの時、あのKYなカーター元大統領が訪朝さえしなければ、
第2次朝鮮戦争は始まっていたのです。

ただ、水面下ではいろいろなことが動いているようです。
もしかしたら、何かが起こるかもしれません。
三男ブーがトランプ君を舐めちきってグアム近海に撃ち込むとか。
北でクーデターが起こるとか。三男ブーが変死するとか。

あと、10月18日からの中国共産党大会後に何かが起こる・・・
習近平君は三男ブーが大嫌いだそうです。
密かに刺客を送るとか、中国寄りの軍人をけしかけるとか、
それくらいのことはやりそうですよ。

もちろん、トランプ君は大歓迎でしょう。
でもプーチン君が派遣しているといわれる元KGBが
それを阻止するために動くのでしょうね。
平壌を舞台にした大スパイ合戦が行われているかも。

韓国が迎撃用のミサイルを配置し終わったので、
中国はますます嫌がらせを強めていますね。
まあ、傍で見ていると「ざまあ」ですが。
韓国経済は持ち直しているような、そうでないような。
サムソンの経営危機は遠のいたようにも思えます。

文在寅君は秋波をおくった北にはそっぽ向かれ、
安倍君には適当にいなされ、トランプ君を怒らせ、
習君からは冷たくあしらわれ・・何をやっているのでしょう。
それでもって、国内的な人気は上々だとか。

あの国のメディアは何を報道しているのかと思います。
正直申し上げて、日本よりも韓国の方が国家存亡の危機。
1000万人が死ぬかもしれないのに、危機意識ゼロ。
まあ、現実を見ない習性というのは恐ろしいものです。

日本国内では解散観測が急速に吹き上げてきました。
争点は何なのでしょうね? よーわかりません。
安倍君が負けない最後のチャンスだから?
でも、勝つところがありません。小池新党?
まさか、間に合わないでしょう。だから解散でしょ。
これでまた憲法改正が遠のくような気がします。

昨日、豊洲でまたベンゼン120倍とか報道されていました。
それでも、来年の夏には市場が移転するのでしょうか。
何だかもうひと騒動起こるような気がしますね。
しかし、去年の9月に移転していても、結果は同じでしょ。
小池君、ただ自分の求心力を高めるために騒いだだけ。
つくづく、彼女に投票しなくてよかったと思います。

平和と言うものはありがたいもので、ああいう毒騒ぎや
政治家やタレントの不倫が人々の関心事になります。
しかし、核爆弾が飛んできたり、電磁パル攻撃でも受けると、
不倫も基準120倍の毒騒ぎも一瞬で吹っ飛びます。
ともかく、自分の命を守ること。家族を守ること。
毎日の食事と水とトイレの確保が最優先課題になるのです。

北の人々は毎日戦争みたいなものらしいですね。
だから「戦争いつでもウエルカム」状態だとか。
しかし、こっちは不倫がトップニュースの平和な国。
戦争なんて溜まりませんよ。何とか避けましょうよ、の世界。
しかし、先延ばししてもいずれ起こるのなら、
早いところ最小限の被害ですませてね、と思います。

今の事態は1993年に旦那クリントンが躊躇したことが遠因。
今度もトランプ君が躊躇すれば、数年後に数百倍の危機となります。
私としては「とっとと決着付けてよ」と思いますね。
今なら日本は最小の被害で済みそうです。

さて、資産価値レポートの更新情報です。
港区関連の6タイトルを最新情報化しました。
今回、8物件ほど新規が登場しました。
バカでっかいのはありませんが、中身はまあまあ。
六本木や青山に注目物件が出てきています。
その一部は有料メルマガでお知らせしています。

港区総集編
価格 9,980

【赤坂エリア】●ロイヤルシーズン赤坂、●サンウッド赤坂丹後町、●ピアース赤坂【青山エリア】●パークコート青山 ザ タワー、●パークコート乃木坂 ザ タワー、●ジオ南青山【六本木エリア】●プラウド六本木、●マジェスタワー六本木、●オープンレジデンシア麻布六本木、●ブランズ 六本木 飯倉片町、●ロイヤルシーズン西麻布【白金・高輪エリア】●ロイヤルシーズン白金台、●プレミスト白金台、●シティタワー白金、●ザ・パークハウス 白金二丁目タワー、●アトラス白金高輪、●Brillia(ブリリア)高輪 The House、●グランリビオ高輪三丁目、●ピアース南麻布【麻布エリア】●シティハウス東麻布、●グランドヒルズ元麻布、●プレシス東麻布、●ザ・パークハウス 麻布外苑西通り●アトラス西麻布、●ディアナガーデン西麻布、●ジオグランデ元麻布【新橋~芝エリア】●クレストプライムタワー芝、●プラウド芝公園、●パークコート浜離宮ザ タワー、●パークリュクス虎ノ門

麻布エリア
価格 3,190

■シティハウス東麻布、■グランドヒルズ元麻布、■プレシス東麻布、■ザ・パークハウス 麻布外苑西通り、■アトラス西麻布、■ディアナガーデン西麻布、■ジオグランデ元麻布、■ロイヤルシーズン西麻布、■ピアース南麻布

六本木・青山
価格 2,980

■パークコート青山 ザ タワー、■パークコート乃木坂 ザ タワー、■ジオ南青山、■プラウド六本木、■マジェスタワー六本木、■オープンレジデンシア麻布六本木、■ブランズ 六本木 飯倉片町、■ロイヤルシーズン西麻布

白金・高輪
価格 2,980

■ロイヤルシーズン白金台、■プレミスト白金台、■シティタワー白金、■ザ・パークハウス 白金二丁目タワー、■アトラス白金高輪、■Brillia(ブリリア)高輪 The House、■グランリビオ高輪三丁目、■ピアース南麻布

赤坂・虎ノ門
価格 2,590

■ロイヤルシーズン赤坂、■サンウッド赤坂丹後町、■ピアース赤坂、■アークヒルズ仙石山レジデンス、■パークリュクス虎ノ門

芝浦・港南・新橋
価格 2,190

■クレストプライムタワー芝、■プラウド芝公園、■パークコート浜離宮ザタワー、■パークリュクス虎ノ門

募集中の早稲田大学オープンカレッジの私の講座ですが、
すでに定員の過半が埋まったそうです。残りは2日前時点であと12人。
申し込まれる場合は、お急ぎください。

自宅購入、不動産投資で失敗しないための
「マンション格差」の見極め方
業界経験30年超のマーケットウォッチャーが語る
マンション資産価値の真相

高円寺駅徒歩4分、資産価値安定の眺望住宅

外苑の傍らで暮らしてみませんか?


9月30日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:9月30日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

9月30日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は5組様。
ただ、10分ほどお待ちいただいた方もおられました。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ



2017/9/15 0:05 | ちょっと脱線 | Comments (2)

気がついたら、5カ所のメディアに連載原稿を書いています。
もちろん、このブログや資産価値レポートは別です。
連載だけで締切が月に13から14回くらい。
イレギュラーな原稿依頼が月2本か3本はあります。
だいたい、断りません。理由は貧乏性と速筆の過剰な自信。

若い頃から長らくコピーライターで飯を食ってきました。
看板をジャーナリストに変えてから約9年。
私よりも速く文章を書ける人を見たことありません。
まあ、中にはいるのでしょうけれど。

若い時分、私よりも10歳くらい年上のフリーの
女性コピーライターさんがいらっしゃいました。
そのお方、打合せの席でちょっとしたコピーを依頼されると
「じゃあ、今書きますね」といって、
その場でサラサラとお書きになっていました。
その時は「すげー」と思いましたね。
まだ、鉛筆と原稿用紙の時代でした。

その数年後、同じくフリーになった私。
「オートバスのコピーが抜けてたから、後で書いて送って」
とか言われて「ここで書いちゃいますよ」なんていって
同じことをやっていました。カンタン。なーんてことなし。
キャッチコピーやリードコピーだって、
やろうと思えば5分で書けましたから。
まあ、それで何万円も請求するので、
その場で書いたりはしませんでしたけれど。
あんなの、屁でもない仕事ですよ。

今はジャーナリスト。原稿1本は2千字から3千字ですね。
作業時間はだいたい1時間くらいでしょうか。
このブログの1回の更新分と同じくらいの作業量。
さあっと書いて、2回見直せばおしまい。
だから、私の労力的には大した負担ではありません。

で、このありがたい能力を身に付けるために、
私は若い頃にうんと努力をしたかというと、全然。
20代の頃と今を比べても、大して文章力は変わりません。
時々昔に書いた小説が出てきて読んだりしますが、同じ。
つまり、私には辛い修業時代なんてほぼなかったのです。
逆に、この30年の間にまったく成長していない、ということ。

コピーライターやジャーナリストという職業がそれだけ甘いのか、
私が才能に恵まれているのか。断然、後者でしょ!
でもね、かといって私がエライわけではないのです。
すべては遺伝子がなせる業なのです。
何の努力をした覚えもありませんから。

しかし、贅沢を言わせてもらえば「文章を書く能力」よりも、
偏差値が高い遺伝子とか、お金儲けがうまい才能の方が
どれほどよかったでしょう。こんなアクセクしなくていいし(笑)。
だって、1本2万円の原稿料という仕事をいくらこなしても
私の収入なんて嵩が知れているじゃありませんか。
まあ、バチが当たりそうなのでこれくらいでやめますが。

昨日、とある月刊誌から依頼された原稿を書くために、
超大手の通信会社に取材でお邪魔しました。
久々に取材される側からする側に回ったのです。
いやはや、楽しい。取材するの、大好きです。
それに、新しいシステムについて知るのも大好き。

しかし、世の中いろいろなことを考える人がいますね。
ビジネスチャンスを鵜の目鷹の目で探して、ものにしていく・・・
そういうお方の話は抜群に面白いのです。
つまらないのは、普通のサラリーマン。
型にはまって、コチコチに固まった発想と狭い視野。
3分話しただけで「ああ、時間を無駄にしている」と思います。

考えてみれば、私は若き日の20数年の時間を
そういったバカバカしい営為に費やしてきたのです。
早くジャーナリストに転向すればよかったと悔やみます。
でも、あのリーマンショックという不況がなければ、
今でも安直な不動産広告屋を続けていたのでしょうね。
あるいは、ネットが普及しなければずっと広告屋でした。

ジェフリー・アーチャーが「獄中記」の中で
「人は二番目に得意なことで生きていく」と書いていました。
私にとって一番目に得意なのは多分「文章を書くこと」。
2番目は、小賢しい営業力だったのでしょうか。
私は20数年間、場末の不動産広告屋として
小賢しい営業力を使って生きていました。

今、2番目の得意技はその辺におっぱらかして、
一番目に得意な能力で生きています。なかなかに快適。
現役時代も終わりかけてから、やっと文章屋になりました。
あとの望みはただひとつ。
「マンションの専門家」から早く脱却したい。

そもそも私、飽きっぽい性格です。
マンションはもう30年もやってきました。
別に好きで始めたわけでもなく、愛があるわけでもなく。
ただただ、その市場に対して人並み以上の知識と
観察歴を持っている、というだけ。
それ以上でも以下でもなし。

でもまあ、それ以外の世界で何か人にエラそうなことを
言える分野があるかというと、怪しいもの。
まあ、仕方ありませんね。
当面はこのブログで世間に吠えることとします。

前回ご紹介した早稲田大学オープンカレッジの私の講座ですが、
すでに定員の過半が埋まったそうです。
申し込まれる場合は、お急ぎください。

自宅購入、不動産投資で失敗しないための
「マンション格差」の見極め方
業界経験30年超のマーケットウォッチャーが語る
マンション資産価値の真相


9月30日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:9月30日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

9月30日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は5組様。
ただ、10分ほどお待ちいただいた方もおられました。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ



2017/9/13 0:20 | ちょっと脱線 | Comments (2)

9月12日13:55に「榊淳司マンション情報164号 さいたま市浦和区の3物件」
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.com

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、9月に入って1回目の配信でした。
次回は近日中に文京区からの予定です。

ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

購読料 1ヵ月 1,590

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ



2017/9/12 13:57 | メルマガ発信 | Comments (0)

不動産市場に対する懐疑的な見方が強まってきました。
当初は、ほとんど私だけ、という状態でした(笑)。
今は他の人の論評にも「今後は下落」と出ています。
さらには2022年問題も浸透してきた感じがします。

それにしても、まだまだ「マンションが買いたい」という
「買いたい病」の人の多いこと。ビックリします。
そういう人は、どれだけ高くなっても
「買えるものを買う」という購買姿勢なので、
今のような非常識価格でも「買える」物件を探してきます。
まあ、どうぞご勝手に、の世界。

不動産市場も、やはり「空気」が大切。
今、「これからは価格が落ちるな」と思っているのは
ほぼ業界インサイダーな人々。エンドユーザーさんは、
まだまだそこまで深刻には考えていません。
「オリンピックまでは大丈夫」みたいな感覚が多数派。
ただし、空気が変われば市場の風景は一変します。
最近、その空気がちょっとずつ変わってきました。

安倍君の支持率がジワリと改善してきています。
朝日新聞と毎日、東京は「全社あげて」くらいに反安部一色。
テレビも加計問題で全文部次官のコメントを垂れ流す
偏向報道で随分とバイアスをかけていました。
でも、国民を印象操作しきれなかった感があります。
つまりは、国民の一定割合はメディアを信じていないのです。

何週か前の週刊現代が強烈な「暴落」特集を組みました。
もちろん「暴落専門家」の私も登場しています。
まもなく「現代ビジネス」にも出るでしょうから、
誰もが読めるようになるはず。

これまでにも現代さんはさんざん「暴落」をやってきました。
私もほどほどにお手伝いはしてきました。
でも、世間では暴落なんて起きませんでした。
まあ、メディアとはそんなもの。読む方も本気にしません。

ただ、最近はメディア全体の風向きが変わってきましたね。
不動産市場の先行きに強気を唱える論調が見られなくなったのです。
その昔、某経済専門誌が「不動産・マンション特集」をやったら、
そこがバブルの頂点だ、という見極め方がありました。
まあ、確かに半年前位にそういう特集がいくつかあったような。
しかし、論調は「まだまだ上がる」とはほど遠い感じ。
それよりも「今後を警戒せよ」的な論調が多かったような。

そして今、メディアからは強気派が見事に消えています。
さて、今後はどういう展開になるのでしょうね。
私の予想通り、オリンピックまでのどこかでドカーンとした
暴落場面がやってくるのか?
まあ、未来のことは誰にもわかりません。
しかし、私の「暴落唱導」は一定の役割を終えたようです。

今日は「暴落後の市場」を考えてみましょう。
おおよそ5年から10年先のお話。
まず、この局地バブルを生みだした異次元金融緩和は、
徐々に正常化した、という前提に立ちます。
長期金利は2%から3%。住宅ローンは3%から4%。

まず、2017年に比べると都心周縁でも不動産価格は
概ね半額になっています。ただし、青山や番町は別です。
都心部の賃貸価格も下がって、今の6割から7割。
それでも空室が目立つでしょうね。

オフィスビルも「大空室時代」を迎えているはず。
大量供給されたわりには、在宅勤務などの広がりで
オフィス床への需要は減退している可能性が大きいからです。
当然、オフィス賃料も抑制されているはず。
そこは半額とまでは言いませんが、3割減でもおかしくありません。

駅前の大型商業施設も3割程度が閉店しているはず。
池袋の西武といえども、慢性赤字に陥っている可能性が大。
銀座のデパートは、ほぼほぼ外国人向けに様変わり。
もちろん、道行く人の大半は外国人に。
それも欧米系が主流になっていると推測します。
まあ、それはどーでもいいのですが。

マンション業界はどうなっているのか?
分かりやすく言えば、分譲マンションの開発事業は、
ほぼほぼ壊滅しています。規模は今の1割から2割。
都心で新築マンションを分譲すると、土地代や建築費の関係から、
分譲価格は坪単価400万円から1000万円になるはず。
つまりは、今と大して変わらないわけです。

ところが、築10年くらいの中古マンションは、
高いものでも坪単価400万円。文京区なら200万円台が普通。
築20年30年になると、坪単価200万円未満もチラホラ。
実は、これは2002年から03年頃の相場観なのですよ。
そこまではすんなりと戻る場面があるはずです。

そうなると、新築価格の中古とのかい離が鮮明ですね。
普通に住む、という方は中古を選びます。
値上がりなんて期待できないから、新築を買う人は趣味。
大金を払ってでも「新築に住みたい」という方のみが需要層。

郊外エリアでも同様の現象が起こります。
16号線以遠なんて、土地はタダ同然。
築25年の中古マンションは駅徒歩5分でも1500万円がいいところ。
物件によっては1000万円未満になるでしょう。
環状7号線沿いになると、やっと2000万円台でしょうか。

しかし、新築マンションには建築費がかかりますから、
オハナでもない限り4000万円未満では供給不可能。
だから、郊外では新築マンションの開発は不可能になります。
そもそも、新築をわざわざ作らなくても
中古が余っていますから何の問題もないはずです。

また、16号線以遠のエリアではマンションの廃墟化が進みます。
空室が大量に発生。管理組合がしっかりしていないマンションには、
たちまち廃墟化の危険が迫ってきます。
そんなマンションには、もちろん値がつきません。

今、日本の不動産の大半には値がつかない状態になっています。
それが東京や大阪の都心にひしひしと迫ってくるだけ。
マンションデベはややノウハウの異なるリノベなどで
売上を稼がないと企業の存続は難しいでしょう。
不動産業界の未来は、はっきり言ってあまり明るくありません。
それでも、壊滅することはありません。
仲介業などは、今よりも成長している可能性があります。
新築マンションの開発事業は限りなく細るでしょうが。

前回ご紹介した早稲田大学オープンカレッジの私の講座ですが、
すでに定員の過半が埋まったそうです。
申し込まれる場合は、お急ぎください。

自宅購入、不動産投資で失敗しないための
「マンション格差」の見極め方
業界経験30年超のマーケットウォッチャーが語る
マンション資産価値の真相

では、資産価値レポートの更新情報です。
「大阪のタワーマンション」を最新情報化。
新規がいくつか出てきましたが、全体的には停滞気味。
中津戦争は迷走気味ではないでしょうか。
1年後くらいには値引き合戦かもしれません。

大阪のタワーマンション
価格 6,490

■ジオ天六 ツインタワーズ、■シティタワー東梅田パークフロント、■ブランズタワー御堂筋本町、■リバーガーデン福島 木漏れ日の丘、■ブランズタワー・ウェリス心斎橋 SOUTH、■シエリタワー千里中央、■北浜ミッドタワー、■プレサンス レジェンド堺筋本町タワー、■シティタワー梅田東、■ザ・パークハウス 中之島タワー、■ザ・ファインタワー梅田豊崎、■ジオ福島野田 The Marks、■ローレルタワー心斎橋、■(仮称)グランドメゾン内久宝寺町タワープロジェクト、■クレヴィアタワー大阪本町、■ブランズタワー梅田 North、■ローレルタワー梅田ウエスト


9月30日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:9月30日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

9月30日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は5組様。
ただ、10分ほどお待ちいただいた方もおられました。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ




世の中には「熱い人」というのがいますよね。
元テニスプレイヤーの松岡修造さんみたいな御方。
何にでも情熱的。熱くなって精一杯に取り組む。
まあ、スポーツは熱くなるべきですね。

しかし、ビジネスの世界にもいるのですよ、熱い人が。
私の経験した広告の世界にはやや多いかもしれません。
特に、クリエイティブの部門では熱い人がいます。
コピーライター、デザイナーの世界です。

例えば、プレゼンテーションの前日には儀式のように
必ず徹夜をしてしまうお方。あるいは、それを強要する人。
あとは、最初の案には絶対に同意せず、何案も出させる方。
努力をすればするだけ、時間をかければかけるだけ、
いいものができると信じて疑っていないのです。

広告というのは、商品を売るためにあります。
その商品にどういう特徴があって、競合との差は何か。
そして誰にどういう風にアピールすれば売れるのか。
そのためにはどんな広告表現がふさわしいのか。

だいたいの場合、私のクライアント(マンションデベロッパー)は
我々広告制作側にオリエンテーションしてくれます。
その場で私なんかは「ああ、そういうことね」と理解して、
クライアントの担当者と軽くディスカッションします。
彼らが賢ければ、そのディスカッションは非常に有意義。

それで、持ち帰って広告表現案の制作に取り掛かります。
私はめんどくさがり屋なので、最初から決めでつくりました。
「・・・だから・・・という方向でしょ」という表現案。
そして、広告代理店の担当営業に説明します。

すると「うーん、なんか違うなあ」と言われます。
「何がどう違うのですか?」と問いかけても、
私立文系のノーロジカル連中にはそういう説明能力がありません。
「いやあ、ピンと来ないのですよ」みたいなことしか言いません。
よっぽど金づちでそのカボチャ頭をパチンとどついて
「ほら、ピンと来ましたか」と言ってやりたいのですが、
そういうわけにもいかず、「じゃあ他に考えます」となります。

そうなると、大概が迷走します。何を出しても「ピンと来ない」。
それで何日かたつと、その営業が興奮して電話をしてきます。
「すぐに打ち合わせをしたいのですが、来てください」
それで「何かいな」と思っていくと、彼は熱くなっています。

「分ったんですよ。この物件は、この資料にあるように・・・」
と、私がオリエンテーションでクライアントの担当者と
ディスカッションしていた内容をさも得意そうに話すのです。
(お前、あの時の・・さんとの話を聞いてなかったのか?)
と私は思うのですが、よく考えればそれは違います。

あるレベル以下のノーロジになると、他人が話している内容でも
自分のイメージと合致しないと話の本質が理解できないのです。
後でそれが何かで分ると、自分がその本質を最初に発見したと思います。
この場合、熱い人間は興奮状態になってしまいます。
「ホラ、・・・なんですよ、この物件は!」

そんなこと、最初から分かっとるやないか。
せやから、最初にこういう案を出したんやろ、と説明すると
そういうアホはみるみる顔が真っ赤になります。
しかし、体裁が悪いのでそれを認めようとはしません。
結果、さらに表現案づくりは迷走するわけです。
アホと仕事をするのはたまりまへんわ。アーメン。

私の経験から察するに、熱い人間はたいていオツムが脆弱です。
そもそも、この世の中には熱く興奮するほどのことは僅少。
ところが、オツムの弱い方にとってこの世の中は発見だらけ。
何か新しいことに出会うとすぐに熱くなって興奮してしまいます。

また、熱くなることが良いことだと思っている人種もいます。
スポーツ系の人はだいたいがこのタイプ。
ああいう単純なルールにおいて勝ち負けの
はっきりしていることは、熱くなった方が有利。
しかし、アタマを働かせる作業は熱くなるより冷静さの方が必要。

例えば、文章を書くためにはアドレナリンが出ていた方が
良いのですが、興奮しすぎるとよくありません。
少なくとも、読み直すときには冷静になる必要があります。
文章においては、「ひとりよがり」というのは禁忌ですから。

ちょっと前に書きましたが、「怒る」というのも興奮の一種。
時代劇で、一家の長が家族を残して城に上がる場面があります。
城に上がれば、罪をかぶせられて切腹させられるかもしれない、
という時に家族に残す決まり文句は「何があっても取り乱すでないぞ」。
男子たるものは戦場にあらずば何があっても泣いたり怒ったり、
ましてや喚いたり、他人を罵ったりするものではない、
というのが武家の習わしでした。

人前で顔を真っ赤にして怒ったりすれば、それだけで大恥。
ましてや取り乱して何かをわめいたりすると、それは大失態。
城中でそんなことをやらかしたら、まさに切腹ものなのです。
だから、江戸時代の武士は「何があっても取り乱すな」と、
子弟に対して厳しくしつけを行ったわけです。

しかし、今は違いますね。
人前で興奮して見せても、誰もそれを恥ずかしいとは思いません。
むしろ「アイツは熱い」といって賞賛されたりします。
私にとっては、ものすごーく違和感のある価値観です。

先のケースで説明した通り、熱い奴というのはだいたいがアホです。
アホだからこそ、些事に対して熱くなれるのです。
仕事をきちんとやることは当たり前。しかし、そこに情熱の有無を
求めるべきではありません。結果だけでしょ。

軽々と100の仕事をこなす人間もいれば、
ゼイゼイ言って30しかできないのもいます。
しかし100は100で、30は30。
易々とこなした100よりも懸命の30を評価する、
という悪弊がこの国ではまかり通る場合もあります。
まあ、そういう評価をしたがる奴もたいていはアホ。
自分の能力に近いゼイゼイ30を擁護したがるわけです。
易々と100の仕事をする人間は警戒され、嫉妬されます。

私は自分の人生で「全力で」」「熱くなって」何かに
取り組んだ、という体験がありません。
少なくとも、思い出せません。
まあ、そういうフリをしたり、自分でそう言い聞かせながら
何かをやっていた記憶はあります。でも、熱くはなかった。

私はいつでもどこかで覚めている人間です。
それで特に支障は感じずに生きてきました。特に大人以降は。
渾身の努力をしなくても、そこそこに生きてこられました。
これすべて、両親からもらった遺伝子のお陰です。
まあ、多分これからも燃費運転で生きていければいいと思います。

さて、ひとつお知らせがあります。
そんな私が、ちょっとだけ熱くなるかもしれません(嘘)。
なんと10月から「早稲田大学」の教壇にたちます。
といっても、本校ではなく
早稲田大学の公開講座「オープンカレッジ」です。
詳しくは下記のリンクからご覧ください。
よろしければ受講してみてください。
場所は八丁堀校。90分の講義4回で13,414円です。

自宅購入、不動産投資で失敗しないための
「マンション格差」の見極め方
業界経験30年超のマーケットウォッチャーが語る
マンション資産価値の真相

さて、資産価値レポートの更新情報です。
文京区、豊島区、北区関連の5タイトルを最新情報化。
どこのマンション市場も停滞していますね。
価格の高騰に実需が追い付いていない状況。
完成在庫ばかりが多くなっています。

文京区総集編
価格 8,890

■ディアナコート文京本郷台、■Brillia(ブリリア)文京江戸川橋、■オープンレジデンシア文京茗荷谷、■Brillia(ブリリア)本郷Residence、■クレヴィア御茶ノ水、■ザ・パークハウス文京本駒込 、■グランリビオ ザ・レジデンス、■ガーデングラス御茶ノ水、■パークホームズ文京小日向ザ レジデンス、■プレシス文京江戸川橋、■ディアナコート茗荷谷翠景、■クレヴィア茗荷谷 文京の杜、■オープンレジデンシア御茶ノ水、■シティハウス文京茗荷谷レジデンス、■ランドステージ文京千石、■プレシス文京小石川 静穏の杜、■グラン レ・ジェイド御茶ノ水、■ザ・パークハウス 本郷、■グローリオ文京東大前ヒルズ 、■オープンレジデンシア小石川五丁目、■バウス本郷三丁目、■ラコント文京白山、■ザ・サンメゾン文京小石川、■オープンレジデンシア本郷三丁目、■オープンレジデンシア本郷菊坂、■グローリオ コンフォート本駒込、■リビオ文京茗荷谷、■アトラス本郷三丁目

北区総集編
価格 5,390

■ザ・ガーデンズ東京王子、■ザ・パークハウス オイコス 赤羽志茂、■レ・ジェイド駒込、■パークホームズ赤羽西、■アネシア東京尾久、■インプレストコア赤羽、■ウィルローズ王子、■エステムプラザ赤羽アンダルシア、■クリオラベルヴィ王子、■シティハウス駒込ステーションコート、■レ・ジェイドヴェール駒込、■ウィルローズ田端、■リストレジデンス王子、■シティハウス赤羽レジデンス、■クリオ ラベルヴィ赤羽東、■イニシア田端ツインマークス

小石川・茗荷谷・本郷
価格 4,390

■オープンレジデンシア文京茗荷谷、■パークホームズ文京小日向ザ レジデンス、■ディアナコート茗荷谷翠景、■クレヴィア茗荷谷 文京の杜、 ■シティハウス文京茗荷谷レジデンス、■プレシス文京小石川 静穏の杜、■オープンレジデンシア小石川五丁目、■ザ・サンメゾン文京小石川、■リビオ文京茗荷谷、■ディアナコート文京本郷台、■ブリリア本郷レジデンス、■ザ・パークハウス 本郷、■オープンレジデンシア本郷三丁目、■オープンレジデンシア本郷菊坂、■アトラス本郷三丁目

山手線「大塚」―「田端」
価格 4,390

■デュオステージ巣鴨、■ザ・グローベル南大塚(桜並木プロジェクト)、■シティハウス大塚ステーションコート、■ディアナコート宮坂壇邸、■インプレスト駒込染井、■ネベル巣鴨、■レ・ジェイド駒込、■シティハウス駒込ステーションコート、■レ・ジェイドヴェール駒込、■ウィルローズ田端、■イニシア田端ツインマークス、■ザ・パークハウス 文京本駒込、■ランドステージ文京千石、■グローリオ コンフォート本駒込

豊島区総集編
価格 3,890

■THE GRAND MILLENNIA TOWER&SUITE(グランドミレーニア)、■OWL TOWER、■デュオステージ巣鴨、■パークホームズ落合南長崎、■ザ・グローベル南大塚(桜並木プロジェクト)、■シティハウス大塚ステーションコート、■サンメゾン目白高田、■ディアナコート宮坂壇邸、■インプレスト駒込染井、■ネベル巣鴨


9月30日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

を開催することにいたしました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
会場はいつものところです。

開催日時:9月30日(土)13時~17時
開催場所:セトル 4階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

9月30日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は5組様。
ただ、10分ほどお待ちいただいた方もおられました。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ