マンションレポート最新情報 【全て見る

J.GRAN THE HONOR 下鴨糺の杜、 ジオ京都御池油小路ザ・テラスの資産価値は? 榊淳司の資産価値レポート010 京都市の全19物…続きを読む

価格4,190円

シティタワー所沢クラッシィ、 ルピアグランデ浦和美園の資産価値は? プラウドタワー川口、 SHINTO CITY(シントシティ)は? 榊淳司…続きを読む

価格2,890円

ミハマシティ検見川浜、 幕張ベイパーククロスタワー&レジデンス、スカイグランドタワー、 ソライエ流山おおたかの森、 シティテラス習志野大…続きを読む

価格3,980円

ブリリアシティ三鷹、 プラウドシティ武蔵野三鷹の資産価値は? ザ・パークハウス 国分寺四季の森、 ハルミフラッグは買っていいか? 榊淳司の資…続きを読む

価格6,490円

MID TOWER GRAND、 パークコート文京小石川 ザ タワー、 ローレルタワー ルネ浜松町、 プラウドタワー武蔵小金井クロス他 榊淳…続きを読む

価格3,190円

パークコート渋谷 ザ タワー 、 パークコート文京小石川 ザ タワー、 MID TOWER GRAND、 ブランズタワー豊洲の資産価値は? …続きを読む

価格11,800円

リビオシティ西葛西 親水公園が販売中。 ルピアコート西葛西、 バウス西葛西清新町、 プレサンス ロジェ 西葛西の資産価値は? 榊淳司の資産価…続きを読む

価格3,190円

シティテラス金町、 イニシア青砥、 ソライエ葛飾小菅、 シティテラス金町の未来価値は? 榊淳司の資産価値レポート049 葛飾区・総集編 【2…続きを読む

価格2,190円

プレシス小岩駅前、 サンリヤン小岩レジデンスは? 榊淳司の資産価値レポート036 小岩・新小岩・平井 全4物件【2019年5月改訂版】 20…続きを読む

価格1,980円

リビオレゾン上野、 ルフォン蔵前ザ・レジデンスは買いか? クレヴィア上野池之端は? 榊淳司の資産価値レポート041 台東区・総集編 全13物…続きを読む

価格4,190円
榊 淳司オフィシャルブログ

いやはや、アメリカは本気でファーウェイを
潰しにかかっていますね。
グーグルがファーウェイ端末へのサービス提供を停止するとか。
グーグルには中国を撤退させられた恨みがありますからね。
江戸の仇を長崎で打つ、みたいになっています。

アメリカは本気で起こらせてはいけない国です。
日本はかつてそれをやって、国中を焼け野原にされました。
中国はちょっとアメリカを舐めすぎましたね。
そして、まだアメリカの本質を分かっていません。
アメリカの怖さを分かっていません。
あの国は日本のような甘ちゃんではないです。

米中の衝突は悪い方へ急展開していますね。
中国が一切の譲歩をしないと見て取ったアメリカが
次々と締め付けの手を繰り出している感じです。
中国もこれに対抗していろいろなことをやらかします。
行くところまで行くのでしょうか。
中国に勝ち目はないと思いますが。

次は南シナ海で何かが起こるかもしれません。
アメリカ海軍が行う「航行の自由」作戦の頻度が増すでしょう。
これに対して、中国側の緊張感も高まります。
日本海で韓国艦艇がやったような火器レーザーの照射が
行なわれたりすると、どうなるのでしょうか?
まさに一触即発の危機ではないですか。

アメリカ政府が中国への渡航制限や
国外への退避を呼びかけたりしたら半端ありません。
また、中国政府が国内でアメリカ人を
次々と逮捕したりすると、それは大変。
でも、今の中国ならやりかねません。
中国は虎の尾を踏むのでしょうか?

ここ十数年、中国は夜郎自大化していました。
身の程をわきまえずに、国際社会で暴慢に振る舞いました。
各国は眉をひそめながらも寛容に構えていました。
何といってもあの国はお金持ちだから。

しかし、アメリカはとうとうそんな中国に対して
鉄槌を下そうとしています。それも容赦なく。
我々は、固唾を飲んで見守るしかありません。
そして、受動的にアメリカ側を応援するしかありません。

幸いなことに、ここ20年近く中国は我が国に対して
傲岸不遜に振る舞ってくれたおかげで、
「中国側につこう」などということを言うアホは
よほどの左翼バカしかいなくなりました。

さて、これから我々はどうすべきか?
選択肢はひとつしかありません。それは「脱チャイナ」。
あの国との関係をなるべく薄くするのです。
新たな投資なんてもっての外です。

あの国に投資しているのなら、静かに引き上げるべき。
提携先の企業があるのなら、必要以上に付き合わない。
ファーウェイの製品は使わない。
ファーウェイとは取引しない。
それは基本中の基本ですね。

やがて、あの国における共産党一党独裁体制の
崩壊が始まるでしょう。
そうなれば、あの国に置かれているストックは
限りなく滅失の危険にさらされます。
だからあらかじめ引き揚げるべきなのです。

我々日本人は、欧米人よりもあの国のことを
よく知っているはずです。
過去には何度も苦い経験を積んでいます。
だから、さっさと引き揚げるべきですね。
「…人はまだ動いていない」なんて
他国の動きを基本に考えてはいけません。

我々は今、歴史の転換点にいるのかもしれません。
米中対立から新冷戦、あるいは軍事衝突という
展開を目の当たりにできるかもしれません。
平和ボケの日本が火の粉を被らずに
潜り抜けられることを祈るばかりです。

2019年6月8日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額5億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:6月8日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

5月11日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は1組様。
待ち時間は発生しておりません。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ

 



2019/5/21 19:50 | ちょっと脱線 | Comments (0)

この原稿をブログで公開する頃には終わっていますが、
私が早稲田大学エクステンションセンターで開講した
「マンションの買い時、売り時を探る」という講座が
満員御礼になったようです。ありがとうございます。

さて、今日の話題は「孤高」について。
なんか字面を見ていても「孤高」ってかっこいいですね。
孤高の反対語って何でしょうね。調べてみると
ピタッとしたのがありませんね。卑俗、大衆、衆愚、群れる・・
私的には「狎れ合い」ではないかと思いますが。

私は従来、他人との交わりは好きな方ですが、
仕事の「仲間」はほとんど作っていません。
適度に緊張感を保つ仕事相手ならたくさんいました。
でも、何かのグループに属したことがありません。

2年ほど前、不動産の三田会に入ろうかと思いましたが、
熟慮の末にやめました。そういうのを、アタマのどこかで
拒否しているのです。まあ、性質なのでしょうね。
だから「・・・の会」にはひとつも属していません。
ゼミのOB会なんかにはよく顔を出しましたが。

飲み仲間はたくさんいますよ。
ただ、もういい歳なので外での飲みはせいぜい月3回。
1回くらいの月も多いですね。それでも満足。
SNSもほとんどしません。片手間の片手間。

最近、ユーチューバーになりました。
私のネタは世間話。お気楽に聞いてもらえる時事放談。
あるいは、不動産やマンションのネタも喋ります。
これがわずかにでも収益になるから面白いですね。
まあ、それはいいとして。

私は日本橋の事務所で仕事をしていますが、
まる一日、誰とも話さずに仕事を終えることがあります。
人が訪ねてこなければ、電話もかかってこない。
まあ、意味のあるメールがひとつも来ない日はありませんが。

それで、私は勝手に自分を「孤高」だと考えています。
まあ、本当かどうかは分かり。ませんけどね。
いつも群がって生きている連中と比べて、
まだマシな生き方のスタイルである、と確信しています。

世の中には、「人に会いたがる」タイプがいますね。
SNSなどで気に入った人を見つけると「会いましょう」と
いう連絡を入れて、本当に会いに行くタイプ。
そういう話を聞くと「ヒマなんだろうな」と思います。

私は自分よりも面白い人に中々出会えないタイプです。
また、面白い本を読むよりもその人と会っていた方が面白い
レベルの人間なんてそうそういませんよ。
まあ、半年に一度くらいの割合で飲みたい人ならたくさん。

もう今はお読みなっていないと思いますから書きますね。
その昔、このブログを熱心で読んでくださる方がいました。
その方が不動産を売却するのをお手伝いしたので、
面識を得ました。飲み会にも来てくださる仲となりました。

そのお方はかなり遠方に引っ越されました。
すでに年金生活に入って10年近く経った頃だったと推察。
転居先では大学の市民講座を受講したり「・・の会」に
参加したり。ご近所の飲み屋さんを一軒ずつ
お試しにもなっていたようです。

ただ、お人柄がやや狷介なご様子で、うまく仲間や
話し相手ができないような感じでした。
そして、いつか私との交流も途絶えました。
ああいうお方こそ、孤高に生きるのがふさわしいはず。

そして孤高を楽しめれば、人生は愉快なはず。
しかし、そのお方は人との交流を熱望していたご様子。
でもコミュニケーションは得意ではなさそうでした。
だから、それはもう痛々しい感じが伝わってきました。

世の中には「カマチャ」がいますね。
自分がかまって欲しくて仕方がないタイプのお方。
SNSはもちろん盛んにおやりになった上で、
いろいろなところでコメントを入れたりなさいます。
まあ、承認欲求がちょっと歪なのでしょう。

イベントなんかにも積極的に参加されます。
そして参加した感想をSNSで発信なさいます。
「オレってこんなに鋭い意見が言えるんだぜ」
まあ、そういうことを世間に認められたいのでしょう。
だからフォロワーの数なんか、異様に気にします。

そういうスタイルと「孤高」はほぼ対極にあります。
「孤高」側からそういうのを眺めていると
「何か忙しいことしたはるなあ」という感じ。
「なんでそないに他人がきになるんやろ」とも思います。

孤高というのは、他人の評価を気にしません。
私の様に「ワシよりすごい奴なんかそうそうおらん」と
傲慢な心もちで過ごしているタイプもいれば、
本当に他人には興味がない無味乾燥型もいるはず。
まあ、そういう人は本当に何を考えているのか
外から見ていてもちっともわかりません。
ただ、私は他人に興味がないので、どうでもいいこと。

私がなぜ孤高が良いと思っているかというと、
それが非常にラクだからです。
他人のことを気にしなければ、怒ったり憎んだりという
劣情に心を委ねなくてもいいでしょ。だからです。

いつも何かに怒っていたり、文句を垂れ流していたり、
不平不満を唱えていたり、他人の悪口をいいまくるとか、
そういう人は眺めていて美しくありません。
またポジショントークは何とも醜いもの。

自分は孤高であれ、と思っていると、そういうのとは無縁。
好きなものは好きで、嫌いなモノは嫌い、と自由に言えます。
孤高ということは、精神を自由にしておけるのです。
だから、私はなるべく孤高でありたいと思うのです。

2019年6月8日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額5億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:6月8日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

5月11日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は1組様。
待ち時間は発生しておりません。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ

 




米中貿易戦争についての、様々な報道をチェックしています。
どうやら、「中国がちゃぶ台返しをした」というのは本当。
しかし、その前までは中国の劉鶴副首相とライトハイザー代表の
間で合意文書がまとまりつつあったとか。
それを、4月末に一気にひっくり返してきた・・・

つまり、中国の上層部で「受け容れられない」という
判断が行われた、ということでしょうね。
劉鶴と習近平は非常に近しい仲だといいます。
ということは、習君のまわりが同意しなかったということ。

習君はこの6年で不満分子を片っ端から反腐敗運動で投獄。
かなりの強権を握ったかと思われましたが、
どうやらそうでもなさそうですね。中国独特の長老たちが
「不平等条約」に異を唱えたと推測できます。
習君もそれを抑え込めなかったということです。

習君の政権基盤、ちょっと怪しくなってきました。
中国というのは想像以上に権力闘争の激しいところ。
負けると家族や一族郎党と一緒に牢屋に入れられます。
場合によっては、命まで奪われます。だから必死。

特に外国からの圧力に屈するような行為は、
非難の的になりやすい特性があります。
だから、日本に対しても基本的には強硬姿勢。
理屈が通る、通らないの世界ではないのです。

さて、これからの展開が注目されます。
これで中国には「取りあえずの妥協」路線がなくなりました。
アメリカも、ここは引かないでしょう。来年は大統領選挙。
ということは「行くところまで行く」可能性大。

アメリカ人たちは25%の関税を払ってアイホンを買うことに。
また、大豆農家は価格低下に苦しむことになります。
まあ、それよりも中国国内は景気が悪化しますね。
外国資本は工場移転を本格化させるはずです。

直近、もっとも打撃が大きいのは韓国でしょう。
中国への輸出はかなりの割合を占めますから。
そうでなくても、あの国の経済は減速しています。
当面、北朝鮮との取引も出来なさそうです。

日本国内でもクボタとかファナックなどの
対中輸出で業績を伸ばしてきた企業は、
大きな打撃を受けるでしょうね。景気は悪化。
安倍君はここぞとばかりに消費税を延期するはず。
まあ、それはそれでいいのですが。

世界はジンワリしたチャイナショックに見舞われるはず。
これは静かに、深く世界経済の足を引っ張ります。
世界経済は数年間不況期を体験する可能性もあります。
まあ、そんなことは大したことはありません。

私は、これが中国の共産党一党独裁体制を
揺るがすのではないかと期待しています。
あの国では本格的な不況は許されません。
そうではなくても人々の不満は鬱積していますから。

カギを握るのは株価と不動産と情報ですね。
株価や不動産価格が大幅に下落すると、民衆は怒ります。
「共産党が悪い」と考えます。だって、常々あの国は
「共産党の指導の下に」大成功したと、
一般大衆に向かって宣伝してきたわけですから。

しかし、多少民衆が騒いでも共産党政府は情報を統制します。
「・・で暴動が発生した」なんてことになると
「・・」は立ち入り禁止になって封鎖されます。
天安門事件の時がそうでしたに。何が起こったのか分からなかった。

しかし、今はどうでしょうね。
「ネットは全封鎖」でもしない限り、無理でしょ。
ネットが使えなくなると、デマが飛び交います。
ますます民衆は不安に駆られて極端な行動に出ます。

1911年の辛亥革命から49年の共産政権成立まで、
あの国は実質的に無政府状態にありました。
あの国を統一するには、よほどのパワーが必要です。
いったん無政府状態になれば、再び統一なんて
そうカンタンにできるものかと思います。

まあ、今後の成り行きを見守りましょう。
すぐに何かが起こるとは思いません。
でも株価と不動産市場には注目しましょう。
動きはそこから始まるはずですから。

2019年6月8日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額5億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:6月8日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

5月11日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は1組様。
待ち時間は発生しておりません。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ

 



2019/5/17 14:59 | ちょっと脱線 | Comments (0)

5月17日14:24に「榊淳司マンション情報316号 東京のタワーマンションより2物件」
を送信しました。発信アドレスは

sakakimailmaga●sakakiatsushi.co

●はアットマーク

受信をご確認ください。
受信できていない場合は、「迷惑メール」に入っていないか見てください。
もし「迷惑メール」に入っていた場合は、「迷惑メールでない」等の指定をなさってください。

今回、5月に入って6回目の配信でした。
次回は千葉・茨城の大規模マンションあたりの予定です。
ご希望の方は早めにお手続きください。

なお、手続きをしているのにメルマガが届かない、
という方はお問合せフォームからお知らせください。

よろしくお願いします。

資産価値レポートのお奨めマンションを逃さずチェックできる有料メルマガのお申込みは、下記より受付けております。入退会はいつでも自由です。※送信は月単位ではなく、手続き完了以後のものからとなります。お申し込み手続き完了時点より遡っての配信は致しておりませんのご注意ください。

なお、購読者のみなさまはペイパルで手続きいただいているクレジットカードの期限切れにご注意ください。期限が過ぎてお支払いが滞ると、その時点で一旦配信リストから削除されます。

「榊淳司のお奨めマンション速報」


購読料 1ヵ月 1,590円

※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。

お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください

メルマガ

新しいユーチューブでの動画を制作しました。
ただ、音が小さいのでボリューム上げてください。

 

 

 



2019/5/17 14:27 | メルマガ発信 | Comments (0)

もしかしたら、もしかしたら、と最近思うことは・・・
北朝鮮は近々崩壊するかもしれない。
これは中々に楽しい想像なので、日々膨らませています。
どうやらロシアにも援助を断られ、
中国からは真面目に「制裁」されている様子。

幹部をつなぎとめていた外国のぜいたく品も
このところ滞っているようですね。
平壌は平静を保っているようですが、電力供給は3時間。
地方はもうぐちゃぐちゃだそうで。

正恩君も精神的に参っているとか。
暗殺未遂も1度や2度ではなさそうですからね。
お気に入りの妹も姿が見られなくなりました。
どうしたのでしょうか?

正恩君が何らかの事故などで命を落とせば、
北はたちまち無政府状態になるのではないですか。
すかさず「治安維持」のために瀋陽軍区から
どどっと人民解放軍がなだれ込む手はずになっているはず。
そして臨時の人民政府を作るというシナリオですか。

本来ならここで韓国軍が停戦ラインを越えて
北上すべきなのですが、今のバカ文君には
そんな思い切った芸当が期待できません。
オタオタしているだけでしょう。

アメリカは指をくわえてみていますかね。
日本は憲法の絡みで「邦人救出」が目的でも
自衛隊を派遣するのは無理でしょう。
拉致被害者は見捨てるしかありません。
何とも情けないことです。

もしかしたら、アメリカは「国連軍」として
北の占領に参画させろと中国に要求するかも。
いちおう、朝鮮戦争は「停戦中」ですから。
まあ、中国は拒否るのでしょうけど、
かなりの緊張状態になったりもするはずです。

去年、シンガポールでの米朝首脳会談の後、
アメリカの怪しげなビジネスマンの多くが、
「北朝鮮ビジネス」に参入し始めました。
有名な投資家のジム・ロジャースなんて
「これからは北朝鮮バブル」なんて、
煽っていましたね。火のない所に煙は立たぬ。

日本の一部の地下紳士たちも盛んに北に入国。
まあ、あの国には豊富な鉱物資源が眠っています。
「石油が出るかも」なんて噂もあります。
手つかずの利権がいっぱいあるわけです。
一時はそれが動き出すと思われていましたから。

日本は国として「請求権」があります。
植民地時代の日本の資産を返還要求できるのです。
まあ、あまり現実的ではありませんけどね。
でも、いちおうその権利は留保すべきです。

北の食糧事情が悪いことはトランプ君も知っています。
だからバカ文の北への食糧「人道援助」には同意しました。
まあ、下々まで行き渡る援助とも思えません。
何のためにそんなことをやりたがっているのか理解不能。

韓国はそれよりも1997年以来の通貨危機になりそう。
今度も日米からは助け船が出ないからIMF救済?
北の正恩政権が瓦解しても、経済的には援助できるのか?
まあ、あの国はいつもピントがずれていますね。

正恩君、今後もミサイルは撃つと思いますよ。
イランに対して核兵器を供給するかもしれません。
それがバレたらアメリカから巡航ミサイルの100発も
撃ち込まれる可能性はありますね。どうなるのか?

まあともかく、日本には大したオプションがありません。
安倍君はトランプ君から何を聞いたのか
「無条件で会う」といいました。
分っているとは思いますが、塩を送るべき相手ではなし。
核とミサイルを手放さないと日本が勝手に援助なんてできません。
だから正恩だって拉致被害者を帰そうとは思いません。

さて、北の崩壊は早ければ年内じゃないかと予測します。
習近平君が陰で糸を引く可能性だってあります。
トランプ君との取引材料にできますから。
こういう想像、けっこう楽しいですね。

さて、早稲田大学エクテンションセンターでの春学期、
私の講座が開講されます。そのタイトルもずばり

マンションの買い時、売り時を探る

5月18日の土曜日です。13時から18時まで。
すごいでしょう。1日で90分を3回かまします(笑)。
榊三昧の5時間を、どうぞお楽しみください。

2019年6月8日 (土)榊淳司の不動産売却相談会

この相談会を開催して3年余り。
すでに十数物件、総額5億円以上の相談物件を
ご希望価格に近い成約で売却できました。
不動産の売却に関して、価格や時期でお悩みの方のご相談を
わたくしが無料で受けさせていただきます。
そして、最善の売却プランをご提案します。
売らなくてもいい物件の売却はお勧めしません。
会場はいつものところです。

開催日時:6月8日(土)13時~17時
開催場所:セトル 2階会議室
(東京都中央区日本橋横山町4−11 「馬喰横山」駅より徒歩1分)

5月11日土曜日の13時から17時まで、
私が相談会場におりますので、どうぞご自由にお越しください。
とくにご予約などは不要です。
ただし、順番におうかがいしますので、
ちょっと待っていただくかもしれません。
ちなみに、前回の参加者は1組様。
待ち時間は発生しておりません。
次回も同じようになるかどうかは分りません。

「榊淳司のお奨めマンション速報」

よく「榊さんのお奨めのマンションを教えてください」というお申出をいただきます。お勧めのマンションなど、日々変わります。お知りになりたい方は、ぜひ有料メルマガをご購読ください。約3か月(費用4790円)ですべての資産価値レポートのタイトルを一巡します。それでレポートの価格にして数万円分となります。
購読料 1ヵ月 1,590
※購読料金のお支払いはクレジットカードのみとなります。お申込みは コチラから  次のページの右下「カートに入れる」をクリックしてください。

メルマガ

 



2019/5/15 14:48 | ちょっと脱線 | Comments (1)